安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 外交交渉回想

外交交渉回想

沖縄返還・福田ドクトリン・北方領土

外交交渉回想

外交とは灰色の世界でのゲームだ! 元大使が活き活きと語る外交交渉のエピソード。

著者 枝村 純郎
中島 琢磨
昇 亜美子
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2016/10/31
ISBN 9784642038584
判型・ページ数 A5・316ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに…枝村純郎/黎明期の戦後外交と私(京都での学生時代/外務省に入る/スペイン語研修から北米課長就任まで)/沖縄返還問題への取り組み(「ポトマック河を渡れ」/沖縄返還をどうイシューにしていくか/二度目の佐藤総理訪米)/「福田ドクトリン」―理念主導の対ASEAN外交(ASEANと向き合う/マニラ・スピーチ作成の経緯/時の試練に耐えた「福田ドクトリン」)以下細目略/フォークランド紛争における日本の対応/アサハン・アルミ対日輸出停止問題/激動のなかのソ連―一九九〇―九一年/新生ロシアと向き合う―一九九一―九四年/北方領土交渉と情報操作/尖閣問題―国際広報は安全保障の一環/解題…中島琢磨/著者年譜

このページのトップへ

内容説明

ソ連が崩壊してロシアが独立した激動の時代にモスクワで大使を務めた元外交官の回想。沖縄返還交渉、対ASEAN政策、フォークランド紛争など自らがかかわった戦後外交交渉を振り返り、スハルト・ゴルバチョフ・エリツィンなど任国首脳との信頼関係の構築についても語る。北方領土交渉や尖閣諸島など、いまなお続く外交問題に関しても提言する。

このページのトップへ

関連書籍

高度成長と沖縄返還

高度成長と沖縄返還 3

自由民主党の「黄金時代」を描き出す

著者:中島 琢磨
 
人物で読む現代日本外交史

人物で読む現代日本外交史

外交官・政治家ら20名の栄光と苦悩の歴史

 
 

このページのトップへ