安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 松陰の本棚

松陰の本棚 437 新刊

幕末志士たちの読書ネットワーク

松陰の本棚

『新論』を求め続けた松陰の知的遍路や、各地の志士との書籍貸借が育んだ同志的ネットワークの展開に迫り、書物を通して幕末を描く。

著者 桐原 健真
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2016/10/20
ISBN 9784642058377
判型・ページ数 4-6・202ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

読書魔の志士―プロローグ/志士たちのバイブル(国体論の誕生/開かれた秘密の書/松陰の本棚に入るまで)/読書の人(獄中の読書録/水戸学から国学へ/尊王論の変容/読書録終焉の謎)/書籍貸借と同志的連帯(国学書との出会い―松陰と岸御園/関門海峡を越えて―西田直養とのコネクション/書斎の人から実践の人へ―小国剛蔵との親交)/行動時代のはじまり―エピローグ/吉田松陰略年譜

このページのトップへ

内容説明

幕末、古今東西の書物を読破し日本や世界の情報を収集した〝読書魔〟吉田松陰。彼にとって書物とは何だったのか。水戸学の代表作『新論』を求め続けた松陰の知的遍路や、獄中に記した『野山獄読書記』から松陰の思想形成の変化を追う。各地の志士たちとの書籍貸借が育んだ同志的ネットワークの展開にも迫り、書物を通して新たな幕末の姿を描く。

このページのトップへ

関連書籍

江戸の蔵書家たち

江戸の蔵書家たち

膨大な書物を蓄えた文人らの知的営為を探る

著者:岡村 敬二
 
安政の大獄

安政の大獄 46

大獄の真相を派閥の観点から解明する

著者:吉田 常吉
 
 
高杉晋作

高杉晋作 232

奇兵隊を創設。維新前に病没した長州藩士伝

著者:梅溪 昇
 
幕長戦争

幕長戦争 69

幕府軍を破った長州藩の勝因を総合的に解明

著者:三宅 紹宣
 
 
藤田東湖

藤田東湖 216

藩政改革と国家の独立維持に尽した水戸学者

著者:鈴木 暎一
 
真木和泉

真木和泉

尊攘激派の理論的指導者。その生涯を描く

著者:山口 宗之
 
 
寛政期水戸学の研究

寛政期水戸学の研究

尊王攘夷論の思想へ傾く起点で何が起きたか

著者:吉田 俊純
 
水戸学と明治維新

水戸学と明治維新 150

明治維新の推進力。特異な思想の全貌に迫る

著者:吉田 俊純
 
 

このページのトップへ