安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本仏塔の研究(全2冊)

日本仏塔の研究(全2冊)

日本仏塔の研究(全2冊)

釈迦の遺骨を祀るためインドで誕生した仏塔は、日本に伝わり独自の形に発展。多層塔・五輪塔などの形態と役割、石など遺品を解説。

著者 石田 茂作
ジャンル 宗教史 > 仏教
出版年月日 2016/11/07
ISBN 9784642016551
判型・ページ数 B4・614ページ
定価 本体40,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

釈迦の遺骨を納めるものとしてインドで誕生した仏塔は、仏教の受容とともに東アジアに広がり、中国・朝鮮を経由して日本にも伝来した。日本独自の形に進化し、発展を遂げた全国の仏塔を博捜。多層塔・五輪塔などの形態、仏舎利・経典・遺骨などの蔵品、木・石・金属などの材料別に、一千を超える遺品を解説した、著者の研究の集大成を限定復刊する。

このページのトップへ

関連書籍

日本仏教史辞典

日本仏教史辞典

仏教の歴史と思想の〈精髄〉を読み解く

著者:今泉 淑夫
 
 

このページのトップへ