安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日清・日露戦争と帝国日本

日清・日露戦争と帝国日本 3 新刊

日清・日露戦争と帝国日本

19世紀末、帝国化はいかに進められたのか。藩閥と政党の対立と協調、企業勃興、日清戦争から日露戦争へ。帝国化の起点に迫る。

著者 飯塚 一幸
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本近代の歴史
出版年月日 2016/11/10
ISBN 9784642068147
判型・ページ数 4-6・260ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

帝国化の起点―プロローグ/帝国の成立―一八九五~九八年(日清戦争後の台湾と朝鮮〈台湾征服戦争/児玉源太郎と後藤新平/台湾領有とアヘン政策/閔妃暗殺事件/山県・ロバノフ協定/大韓帝国の成立と英露対立〉以下細目略/藩閥と政党の提携)/政党内閣誕生の衝撃―一八九八~一九〇一年(清朝の落日と日本/憲政党内閣の成立と崩壊/都市の成長と政治参加の拡大)/日露戦争の実像―一九〇一~〇五年(緊迫する日露関係/日露戦争/社会問題の浮上)/桂園時代―一九〇五~〇九年(日露戦争後の東アジア/桂太郎と西園寺公望)/帝国の膨張―一九〇九~一二年(韓国併合/桂園時代の黄昏/地方改良の時代)/時代転換の予感―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

日清戦争を経て植民地支配がはじまった19世紀末。軍拡優先の財政運営のもと、帝国化はどのように進められたのか。藩閥と政党の対立と協調、地方が牽引した企業勃興、日清戦争から日露戦争へ。帝国化の起点に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

日清戦争

日清戦争 19

近代日本最初の対外戦争のすべて

著者:原田 敬一
 
日清・日露戦争と写真報道

日清・日露戦争と写真報道 348

従軍カメラマンが記録した明治の戦争!

著者:井上 祐子
 
 
世界史の中の日露戦争

世界史の中の日露戦争 20

百年前のIT革命=情報戦争を軍事史で描く

著者:山田 朗
 
山県有朋

山県有朋

明治の元勲。その生涯と功罪を描き出す。

著者:藤村 道生
 
 
桂 太郎

桂 太郎 241

長州エリートが閥族政治の脱却を試みた生涯

著者:宇野 俊一
 
秋山真之

秋山真之 237

『坂の上の雲』に描かれた明治の実像と生涯

著者:田中 宏巳
 
 
乃木希典

乃木希典

明治の象徴的将軍の人間像を描く実伝!

著者:松下 芳男
 
東郷平八郎

東郷平八郎

日本海海戦の英雄の実像と史実に迫る!

著者:田中 宏巳
 
 
日本海海戦の真実

日本海海戦の真実

海軍極秘資料から奇跡的勝利の真相を解明!

著者:野村 實
 
大本営

大本営

天皇直属の最高統帥機関。その実態に迫る!

著者:森松 俊夫
 
 
日韓併合

日韓併合 47

要因を侵略過程と国際環境の両面から究明

著者:森山 茂徳
 
アジアの帝国国家

アジアの帝国国家 23

近代日本が歩んだ「帝国国家」への道程

著者:小風 秀雅
 
 

このページのトップへ