安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本城郭史

日本城郭史  新刊

日本城郭史

環濠集落から近世城郭へ、いかなる変遷を遂げたか。「軍事」と「日常」の二つの視点から実態を探り、都市空間論まで踏み込んで解明。

著者 齋藤 慎一
向井 一雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2016/11/18
ISBN 9784642083034
判型・ページ数 4-6・508ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序/Ⅰ 弥生時代から平安時代(防御施設の登場〈環濠集落と高地性集落/豪族居館と王宮〉/古代都城と律令国家〈王宮から都城へ/律令体制と地方官衙〉/西日本の古代山城〈古代山城とは/白村江敗戦と山城/天武・持統朝と山城/奈良時代の山城〉/東北の古代城柵〈城柵の設置/三八年戦争と城柵/蝦夷と城柵〉/古代城郭の終焉〈古代山城の変貌と選士統領制/征夷の終了と鎮守府体制/中世への胎動〉/東アジアの城郭文化〈中国/朝鮮半島/アジアから見た日本の城〉以下細目略)/Ⅱ 平安時代末期から室町時代(平安時代末期/鎌倉時代から南北朝時代へ/南北朝時代から室町時代へ)/Ⅲ 戦国時代(戦国時代の到来と城館/戦国大名と城館/戦国城館と城下町)/Ⅳ 安土・桃山時代から江戸時代へ(安土・桃山時代の城館/江戸時代)/展望

このページのトップへ

内容説明

天守が聳え(そびえ)、石垣が巡り、白塗りの櫓(やぐら)や壁を持つという「城」は近世のものであり、古代・中世の城とはまったく異なる。時代と共に変遷する城の実態を「軍事」と「日常」の二つの視点から探り、都市空間論まで踏み込んで解明する。北日本や琉球も独自の地域として取り上げ、朝鮮半島との関係などアジアの視野も踏まえて検証した新たな“城”の通史。

このページのトップへ

関連書籍

東北の名城を歩く 南東北編

東北の名城を歩く 南東北編

名城66を最新の発掘成果で紹介。図版多数

著者:飯村 均
室野 秀文
 
甲信越の名城を歩く 山梨編

甲信越の名城を歩く 山梨編

県内名城61を国中五地域と郡内に分け解説

著者:山下 孝司
平山 優
 
 
甲信越の名城を歩く 新潟編

甲信越の名城を歩く 新潟編

城郭ファン必備!新潟の名城59を紹介する

 
尚氏と首里城

尚氏と首里城

“天下人” の覇業と琉球王国の盛衰に迫る

著者:上里 隆史
 
 
蝦夷と城柵の時代

蝦夷と城柵の時代 3

蝦夷社会と古代国家の交流と軋轢を描く

著者:熊谷 公男
 
近畿の名城を歩く 滋賀・京都・奈良編

近畿の名城を歩く 滋賀・京都・奈良編

三県から精選した名城80を紹介

著者:仁木 宏
福島 克彦
 
 
東アジアの中世城郭

東アジアの中世城郭

辺境のイメージを覆し、魅力に迫る初の試み

著者:臼杵 勲
 
江戸築城と伊豆石

江戸築城と伊豆石

伊豆石はいかに切り出され江戸へ運ばれたか

著者:江戸遺跡研究会
 
 
中世城郭の縄張と空間

中世城郭の縄張と空間

縄張研究の成果を原点から見つめなおす

著者:松岡 進
 
近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

精選した名城79を紹介したシリーズ近畿編

著者:仁木 宏
福島 克彦
 
 
古代都城の造営と都市計画

古代都城の造営と都市計画

平城京の基幹水路網を復元し宅地班給を分析

著者:近江 俊秀
 
豊臣秀吉と大坂城

豊臣秀吉と大坂城

豊臣大坂城を探訪し、天下人の素顔に迫る

著者:跡部 信
 
 
徳川吉宗と江戸城

徳川吉宗と江戸城

8代将軍の生涯と、江戸城400年の魅力!

著者:岡崎 寛徳
 
城下町

城下町 68

武家から町人の町へ… 変化する様子を描く

著者:松本 四郎
 
 
関東の名城を歩く 南関東編

関東の名城を歩く 南関東編

四都県の名城64を豊富な図版を交え解説

 
関東の名城を歩く 北関東編

関東の名城を歩く 北関東編

名城64を最新の発掘成果で紹介。図版多数

 
 
日本古代都城制の研究

日本古代都城制の研究

初期都城造営の通説を検討し歴史的意義探る

著者:井上 和人
 
中世武士の城

中世武士の城 218

天守閣はなかった! 城郭ファン必読

著者:齋藤 慎一
 
 
古代を考える 多賀城と古代東北

古代を考える 多賀城と古代東北

政治・軍事の拠点=多賀城の実態に迫る

 
よみがえる安土城

よみがえる安土城 167

隠された謎を解き、新しい信長像に迫る

著者:木戸 雅寿
 
 
日本古代都城制と城柵の研究

日本古代都城制と城柵の研究

宮都の構造と城柵の実態に考古学から迫る

著者:阿部 義平
 
難波宮と都城制

難波宮と都城制

発掘開始から60年の難波宮研究を集大成

 
 
江戸城が消えていく

江戸城が消えていく 239

江戸ガイド『江戸名所図会』作者の表現戦略

著者:千葉 正樹
 
古代日本の都城と木簡

古代日本の都城と木簡

研究の現状と課題から新たな古代史像を構築

著者:寺崎 保広
 
 
中世の武力と城郭

中世の武力と城郭

中世を生きた人々の行動様式や心性を描く

著者:中澤 克昭
 
 

このページのトップへ