安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 八代目市川團十郎

八代目市川團十郎  新刊

気高く咲いた江戸の花

八代目市川團十郎

江戸の花形役者として一世風靡するも、32歳で突然の死を遂げた八代目。新発見の團十郎一家の手紙を紹介しつつ波瀾の生涯を描く。

著者 木村 涼
ジャンル 日本歴史 > 近世史
日本歴史 > 伝記
出版年月日 2016/12/22
ISBN 9784642083041
判型・ページ数 4-6・248ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

プロローグ―気高く、粋に、艶やかに/花の舞台―堺町・葺屋町・木挽町時代(江戸歌舞伎へ登場〈二代目市川新之助/七歳の座頭、初「暫」/襲名直前の芝居〉以下細目略/八代目市川團十郎襲名/座頭就任/三度の「勧進帳」/天保改革始まる)/成田山新勝寺との縁(成田山との交流/寺社への寄進)/花の舞台―猿若町時代(猿若町歌舞伎の幕明け/栄えある孝子表彰/新たな個性の開花/初めての大坂行きと父海老蔵の赦免/新しい役どころに挑む―時次郎・光氏・児雷也・与三郎/甲州亀屋座興行と困惑の中村座/二代目中村富十郎との確執/衝撃の自殺/入り乱れた死の情報)/手紙にみる家族の絆(市川團十郞と伊達家との交流/一五通の手紙)/エピローグ―江戸時代最後の團十郎

このページのトップへ

内容説明

江戸後期の花形役者として一世を風靡するも、32歳で突然の死を遂げた八代目市川團十郎。「歌舞伎十八番」など家の芸を継承しながら独自の個性を積み重ねた舞台姿、成田山との交流などを活写。父の江戸追放や孝子表彰、幕府の歌舞伎統制政策などに翻弄される波瀾の生涯とその素顔を、新発見の富士市伊達家所蔵の團十郎一家の手紙を紹介しつつ描く。

このページのトップへ

関連書籍

七代目市川團十郎の史的研究

七代目市川團十郎の史的研究

七代目團十郎を江戸社会の中に位置付ける

著者:木村 涼
 
市川団十郎

市川団十郎

初代~12代まで歴代の人と芸道・精神描く

著者:西山 松之助
 
 
歌舞伎から江戸を読み直す

歌舞伎から江戸を読み直す

恥と情をキーワードに、日本人を問い直す!

著者:田口 章子
 
歌舞伎の原郷

歌舞伎の原郷

江戸歌舞伎の時空を考察し、原風景を探る

著者:服部 幸雄
 
 

このページのトップへ