安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦間期の日本海軍と統帥権

戦間期の日本海軍と統帥権  新刊

戦間期の日本海軍と統帥権

日本海軍の編制権が統帥権に包含されていく過程での、海軍省と軍令部の構造変化、この構造の海軍政策決定への関与を分析する。

著者 太田 久元
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2016/12/22
ISBN 9784642038621
判型・ページ数 A5・288ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 統帥権・編制権問題と日本海軍史研究/海軍省優位体制の動揺(海軍の組織構造と人的関係〈海軍組織の成立過程と省部関係/海軍部内の人的関係の形成/海軍部内の政策志向の思想的淵源〉以下細目略/軍部大臣武官制撤廃論議と海軍の対応―海軍の編制権認識を中心として/財部彪海相後継問題と編制権問題―大角岑生の動向を中心として/ジュネーブ一般軍縮会議と海軍の対応―「海軍軍縮条約体制」脱却の萌芽/海軍組織の二元体制化と省部協調(海軍統制構造の変化と省部関係―編制権問題を中心として/国際連盟脱退と昭和九年度海軍予算問題―対外関係の緊張化と軍備拡張/海軍の対外戦略構想と「海軍軍縮条約体制」からの脱却/大角人事再考―その後の海軍の視座として)/終章 省部協調という言葉が示すもの

このページのトップへ

内容説明

日本海軍では統帥権と編制権が分離して認識、運用されていたが、1930年のロンドン海軍軍縮会議以降、編制権は統帥権に包含されていく。この過程における軍政機関たる海軍省と軍令機関たる軍令部の構造の変化、両者の対立による海軍部内の人的構造の変遷、さらにこの構造の海軍の政策決定への関与を分析し、戦間期の日本海軍の特質を究明する。

このページのトップへ

関連書籍

陸軍登戸研究所と謀略戦

陸軍登戸研究所と謀略戦 337

科学者たちの姿から戦争と科学の関係を描く

著者:渡辺 賢二
 
陸軍幼年学校体制の研究

陸軍幼年学校体制の研究

特権化を図る過程を史料を駆使して解明する

著者:野邑 理栄子
 
 
日本海軍史の研究

日本海軍史の研究

海軍の日本的体質はいかに養われたのか

著者:海軍史研究会
 
海軍将校たちの太平洋戦争

海軍将校たちの太平洋戦争 383

敗戦に何を学ぶか? 組織のあり方を考える

著者:手嶋 泰伸
 
 
昭和戦時期の海軍と政治

昭和戦時期の海軍と政治

対米戦開始、終戦決定に果たした役割を探る

著者:手嶋 泰伸
 
日本海軍史

日本海軍史

海戦の戦術などを分析し80年の歴史を描く

著者:外山 三郎
 
 

このページのトップへ