安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > よみがえる古代山城

よみがえる古代山城 440

国際戦争と防衛ライン

よみがえる古代山城

朝鮮半島にルーツを持つ日本の古代山城。史書など記録にない謎の遺跡「神籠石系山城」を中心に実態を探り、新たな古代山城を描く。

著者 向井 一雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 考古学
歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2016/12/20
ISBN 9784642058407
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

古代山城とは何か―プロローグ/古代山城の性格と年代をめぐって(どういう遺跡か―古代山城を歩く/神籠石論争顛末記/発掘調査と山城説/古代山城ブームの時代/混迷する古代山城論)/古代山城研究最前線(阿志岐山城の発見/鬼ノ城の発掘/大野城での列石確認/大倉庫群の謎/見せる山城/韓国における城郭研究の進展/古代山城研究はどこへ向かうのか)/東アジアの争乱と古代山城(白村江の戦いと古代山城/羅唐戦争と東アジア情勢の推移/天武・持統朝と古代山城/奈良時代以降の古代山城/古代山城の終焉)/伝説となる古代山城―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

中国大陸の諸勢力からの侵略を何度も受けた朝鮮半島にルーツを持つ日本の古代山城(さんじょう)。北部九州から瀬戸内に集中して築かれ、一見大陸からの防衛ラインをなしているが機能したのか疑問点も多い。史書など記録に残る「朝鮮式山城」に対し、記録に残っていない謎の遺跡「神籠石(こうごいし)系山城」を中心に考古学から実態に迫り、新たな古代山城の姿を描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

白鳳・天平の時代

白鳳・天平の時代

律令国家建設に情熱を燃やした決断力に学ぶ

著者:青木 和夫
 
飛鳥と古代国家

飛鳥と古代国家 2

激動する国際情勢の中で形成された古代日本

著者:篠川 賢
 
 
白村江の真実 新羅王・金春秋の策略

白村江の真実 新羅王・金春秋の策略 291

大敗の影にあった金春秋の遠大な外交戦略

著者:中村 修也
 
壬申の乱を読み解く

壬申の乱を読み解く 284

皇位継承をめぐる劇的な戦乱。その真相は?

著者:早川 万年
 
 
歴史の旅 壬申の乱を歩く

歴史の旅 壬申の乱を歩く

古代史の謎を豊富な地図と写真で道案内

著者:倉本 一宏
 
壬申の乱

壬申の乱 2

真の首謀者は持統天皇だった! 乱の真実

著者:倉本 一宏
 
 

このページのトップへ