安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦争とファシズムの時代へ

戦争とファシズムの時代へ 5 新刊

戦争とファシズムの時代へ

政党内閣制は五・一五事件で崩壊し、軍部の政治介入が強まる。デモクラシーはいかにして潰えたか。戦争に向かう時代を克明に辿る。

著者 河島 真
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本近代の歴史
出版年月日 2017/02/10
ISBN 9784642068161
判型・ページ数 4-6・276ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

現代国家を目指して―プロロ―グ/「憲政の常道」―近代日本型政党政治のポジとネガ(「憲政の常道」の起動/憲政会政権から政友会政権へ/大衆社会の成立と社会運動)/経済危機と軍部の台頭(ロンドン条約の締結と統帥権干犯問題/金解禁と昭和恐慌/満洲事変とテロリズム)/「憲政常道」の終焉(五・一五事件/挙国一致内閣の成立/思想統制の強化―挙国一致内閣期の右翼運動と左翼運動)/軍部主導の政治体制へ(二大政党制の動揺/孤立外交へ/二・二六事件/軍部主導の政治へ)/権力「不在」のファシズム化―エピロ―グ

このページのトップへ

内容説明

政党内閣制は五・一五事件で崩壊し、軍部の政治介入が強まる。満洲事変後の欧米との対立、昭和恐慌から戦時経済への転換、そして二・二六事件。デモクラシーはいかにして潰えたか。戦争に向かう時代を克明に辿る。

このページのトップへ

関連書籍

総力戦とデモクラシー

総力戦とデモクラシー 21

日本はなぜ参戦したか。反戦思想等から探る

著者:小林 啓治
 
満州事変から日中全面戦争へ

満州事変から日中全面戦争へ 22

軍部の謀略と戦争「泥沼化」への道!

著者:伊香 俊哉
 
 
二〇世紀満洲歴史事典

二〇世紀満洲歴史事典

約800項目で満洲100年の歴史がわかる

 
満洲国

満洲国

民族共生の道とは何か?

著者:塚瀬 進
 
 
満洲国と国際連盟

満洲国と国際連盟

日本は満洲国に運命を賭け戦争への道を拓く

著者:臼井 勝美
 
人物で読む近代日本外交史

人物で読む近代日本外交史

外交官・政治家ら19名の栄光と苦悩の歴史

 
 
大元帥と皇族軍人 大正・昭和編

大元帥と皇族軍人 大正・昭和編 429

天皇と皇族軍人の同調と不和の構図を追う!

著者:小田部 雄次
 
大日本帝国の崩壊

大日本帝国の崩壊 25

〈戦争の時代〉を国民意識の視点から考える

著者:山室 建徳
 
 
「昭和天皇実録」講義

「昭和天皇実録」講義

出生から逝去まで、要点をわかりやすく解説

 
昭和史をさぐる

昭和史をさぐる

一次史料で読む昭和史のターニングポイント

著者:伊藤 隆
 
 
昭和天皇側近たちの戦争

昭和天皇側近たちの戦争 296

天皇の忠臣たちの目からみた戦争の昭和史

著者:茶谷 誠一
 
軍備拡張の近代史

軍備拡張の近代史 18

軍拡の恐怖と軍備コントロールの重要性説く

著者:山田 朗
 
 
激動昭和と浜口雄幸

激動昭和と浜口雄幸 180

平和協調を模索したライオン宰相の理念とは

著者:川田 稔
 
事典 昭和戦前期の日本

事典 昭和戦前期の日本

昭和戦前期を理解する上での基礎知識を提供

著者:伊藤 隆
百瀬 孝
 
 

このページのトップへ