安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 豊臣秀吉文書集 3

豊臣秀吉文書集 3  新刊

天正14年~天正16年

豊臣秀吉文書集 3

徳川家康を臣下に従えた後、豊臣の軍勢は九州平定へと向かう。伴天連追放や海賊停止、刀狩など諸政策を行うまで、817点を収録。

著者 名古屋市博物館
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 史料・史料集 > 豊臣秀吉文書集
出版年月日 2017/01/31
ISBN 9784642014236
判型・ページ数 菊判・314ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

★宛所の一部
武将=石田三成/上杉景勝/大友宗麟/大村純忠/織田信雄/片桐且元/加藤清正/蒲生氏郷/黒田孝高/小早川隆景/真田昌幸/島津義弘/宗義智/立花宗茂/藤堂高虎/徳川家康/豊臣秀長/直江兼続/鍋島直茂/福島正則/細川忠興/前田玄以/前田利家/松浦鎮信/毛利輝元/山内一豊/龍造寺政家
公卿=花山院家雅/勧修寺晴豊/菊亭晴季/九条兼孝/久我敦通/近衛信輔/鷹司信房/土御門久脩/中山親綱/日野資勝/万里小路充房
寺社=厳島社/上賀茂社/観音寺/清水寺/鞍馬寺/建仁寺/大徳寺/知恩院/東寺/東福寺/南禅寺/仁和寺/本願寺/龍安寺
僧侶=安国寺恵瓊/顕如/高良山座主/筥崎宮座主/木食応其
郷村=薩摩国市来/薩摩国鹿児島/薩摩国長島/筑後国三池村/筑前国今津/筑前国博多津/播磨国明石惣中/肥後国長崎惣町/山城国上賀茂惣中/山城国八幡山下町人中/山城国松尾惣中

このページのトップへ

内容説明

徳川家康を臣下に従えた後、豊臣の軍勢は九州平定へと向かう。北野大茶湯を催し、聚楽第に後陽成天皇を迎えるなど、秀吉の求心力はますます高まる。伴天連追放や海賊停止、刀狩など諸政策を行うまで、817点を収録。

このページのトップへ

関連書籍

豊臣秀吉文書集 2

豊臣秀吉文書集 2

関白となり家康攻めに動くまでの884点

著者:名古屋市博物館
 
豊臣秀吉文書集 1

豊臣秀吉文書集 1

約7000通を集大成した文書集第1巻

著者:名古屋市博物館
 
 
豊臣秀吉と大坂城

豊臣秀吉と大坂城

豊臣大坂城を探訪し、天下人の素顔に迫る

著者:跡部 信
 
秀吉の手紙を読む

秀吉の手紙を読む

24通の書状から読み解く天下人秀吉の実像

著者:染谷 光廣
 
 
秀吉の軍令と大陸侵攻

秀吉の軍令と大陸侵攻

軍令到着の時差が戦局に及ぼした影響を探る

著者:中野 等
 
秀吉の天下統一戦争

秀吉の天下統一戦争 15

秀吉不敗の戦略に迫り、統一戦争の功罪問う

著者:小和田 哲男
 
 
豊臣政権の支配秩序と朝廷

豊臣政権の支配秩序と朝廷

家格という視角を加え、新たな政権像を提示

著者:矢部 健太郎
 
奥羽仕置と豊臣政権

奥羽仕置と豊臣政権

宇都宮の仕置令などから内実と総過程を解明

著者:小林 清治
 
 
豊臣水軍興亡史

豊臣水軍興亡史

「海上軍事力」から豊臣政権の真実に迫る!

著者:山内 譲
 
豊臣政権の権力構造

豊臣政権の権力構造

五大老・五奉行の検討から権力構造を解明

著者:堀越 祐一
 
 
落日の豊臣政権

落日の豊臣政権 418

乱世を収めた新政権はなぜ人心を失ったか?

著者:河内 将芳
 
 

このページのトップへ