安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 植民地期朝鮮の地域変容

植民地期朝鮮の地域変容

日本の大陸進出と咸鏡北道

植民地期朝鮮の地域変容

朝鮮東北部の咸鏡北道の経済活動・軍事基地や貿易・人口の動きを、国際情勢、自然環境などから考察。朝鮮社会の独自性に迫る。

著者 加藤 圭木
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2017/01/23
ISBN 9784642038645
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章/咸鏡北道の変容と朝鮮植民地化(近代の咸鏡北道〈咸鏡北道の経済的特質/対露貿易の進展/各地域からみる咸鏡北道の内外交易〉/日本の朝鮮侵略と清津港〈清津港の「開発」/清津港の「開発」の影響/日本人商工業者の動向と鉄道敷設〉/日露戦後の咸鏡北道〈日露戦後から一九二〇年代までにおける咸鏡北道の交易/植民地下の咸鏡北道の港湾と地域―一九二〇年代を中心に/植民地期咸鏡北道の農村と農家経営〉以下細目略)/せめぎ合う漁村と「開発」―一九三〇~四〇年代の羅津(行き詰まる港湾都市「開発」/地域の有力者・産業からみる社会変容/戦時体制と港湾・漁村)/終章

このページのトップへ

内容説明

ロシア・中国と国境を接する朝鮮東北部に位置し日本の大陸進出の拠点とされた咸鏡北道。植民地時代の経済活動・軍事基地や港湾の建設・貿易・地方行政機構・人口の動きを、地域社会の特質や国際情勢、自然環境など複合的視点から考察する。朝鮮社会の主体性や独自性に迫りつつ、日本の植民地支配下における地域変容の実態を明らかにする意欲作。

このページのトップへ

関連書籍

帝国日本と植民地都市

帝国日本と植民地都市 174

帝国支配がアジア都市にもたらしたものとは

著者:橋谷 弘
 
植民地建築紀行

植民地建築紀行 330

負の遺産から文化財へ。歴史的意味を考える

著者:西澤 泰彦
 
 
植民地と戦争責任

植民地と戦争責任 3

新しい戦争が起る世界で女性はどう生きるか

著者:早川 紀代
 
朝鮮総督府官僚の統治構想

朝鮮総督府官僚の統治構想

朝鮮―総督府―日本の相関関係の中で究明

著者:李炯植
 
 

このページのトップへ