安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦国期風俗図の文化史

戦国期風俗図の文化史

吉川・毛利氏と「月次風俗図屏風」

戦国期風俗図の文化史

作品成立に関わった安芸・周防の土壌に根づいた文化の諸相を、美術・文学・芸能・歴史から考察。作品の実態と広がりを解明する。

著者 井戸 美里
ジャンル 日本歴史 > 中世史
美術史 > 日本美術史
出版年月日 2017/02/28
ISBN 9784642016582
判型・ページ数 A5・372ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序 本章のねらい/成立と伝来―「月次風俗図屏風」の主題・モティーフ分析(「月次風俗図屏風」の成立―旧岩国藩吉川家伝来について/「月次風俗図屏風」の主題とモティーフ選択―戦国期武家故実との関わりから)/文学・芸能・空間―「月次風俗図屏風」の図像学(名所絵としての「吉野図屏風」―継承される図像の意味/松の絵と能舞台をめぐる一考察―雲谷派関連の資料を中心にして/描かれた富士巻狩の物語―幸若舞曲「曽我物」と「曽我物語図屏風」の位相)/在地性―「月次風俗図屏風」と安芸・周防(『田植草紙』の成立背景について―その伝承圏と信仰基盤/海を越える「耕織図」―「四季耕作図屏風」の景観描写)/結 今後の課題

このページのトップへ

内容説明

山口県岩国の吉川家伝来「月次(つきなみ)風俗図屏風」。その形態や画面構成、主題・モティーフ選択は異色で、大田植・富士巻狩など地方・歴史に取材した題材も含み、同時代の風俗画作品とは異なる風景を描く。作品成立に関わった安芸・周防の土壌に根づいた文化の諸相を、美術をはじめ文学や芸能・歴史などから横断的に考察し、作品の実態と広がりを解明する。

このページのトップへ

関連書籍

日本美術史要説 増補新版

日本美術史要説 増補新版

日本美術全般を平易に解説した入門書

著者:久野 健
持丸 一夫
 
洛中洛外図屏風

洛中洛外図屏風 422

魅力に迫り、作品全体を見渡すガイドブック

著者:小島 道裕
 
 
歴史の旅 戦国時代の京都を歩く

歴史の旅 戦国時代の京都を歩く

戦国時代の旅人となって、洛中洛外を歩く

著者:河内 将芳
 
狩野派絵画史

狩野派絵画史

日本絵画史に輝く、狩野派の全貌を描く!

著者:武田 恒夫
 
 
戦国時代狩野派の研究 新装版

戦国時代狩野派の研究 新装版

初期形成過程を解明した名著、待望の復刊

著者:辻 惟雄
 
京狩野三代 生き残りの物語

京狩野三代 生き残りの物語

京狩野家の作品と生き残り戦略の実態を描く

著者:五十嵐 公一
 
 
近世京都画壇のネットワーク

近世京都画壇のネットワーク

宗達、探幽、光琳…。名品はどう生まれたか

著者:五十嵐 公一
 
 

このページのトップへ