安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 縄文時代

縄文時代  新刊

その枠組・文化・社会をどう捉えるか?

縄文時代

今日、縄文の時代像が多様になっている。縄文文化の範囲や地域性、社会の複雑化など、気鋭の研究者たちが論じ、研究の到達点を示す。

著者 山田 康弘
国立歴史民俗博物館
ジャンル 考古学 > 考古一般
シリーズ 日本史 > 歴博フォーラム
出版年月日 2017/02/28
ISBN 9784642083119
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/Theme 1 縄文時代・文化の来歴(縄文時代はどのように語られてきたのか…山田康弘)/Theme 2 縄文文化の範囲(縄文文化における北の範囲…福田正宏/縄文文化における南の範囲…伊藤慎二)/Theme 3 縄文文化の地域性(東日本の縄文文化…菅野智則/中部日本の縄文文化…長田友也/西日本の縄文社会の特色とその背景…瀬口眞司)/Theme 4 縄文社会をどのように捉えるか(環状集落にみる社会複雑化…谷口康浩/縄文社会複雑化と民族誌…高橋龍三郎/縄文社会をどう考えるべきか…阿部芳郎)/総括―弥生文化から縄文文化を考える…設楽博己

このページのトップへ

内容説明

今日、考古学のみならず年代学や動植物学・人類学などの理化学的分析方法により、縄文時代人は「豊かな狩猟採集民」として描かれるようになった。一方で、縄文の時代像が研究者によって大きく異なる状況が発生してきている。縄文文化の範囲や地域性、社会の複雑化など、気鋭の研究者たちがさまざまな視点から論じ、縄文時代研究の到達点を示す。

このページのトップへ

関連書籍

タネをまく縄文人

タネをまく縄文人 416

土器の中に眠っていた考古資料から解明する

著者:小畑 弘己
 
O脚だったかもしれない縄文人

O脚だったかもしれない縄文人 293

縄文人の病状診断。ヒトの骨は何を語るのか

著者:谷畑 美帆
 
 

このページのトップへ