安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 蘇我氏と飛鳥

蘇我氏と飛鳥  新刊

蘇我氏と飛鳥

6~7世紀半ば、大臣として天皇の権力をささえた、稲目・馬子・蝦夷・入鹿。従来の蘇我氏像を書きかえ、王権の聖地の姿に迫る。

著者 遠山 美都男
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 人をあるく
出版年月日 2017/02/20
ISBN 9784642067959
判型・ページ数 A5・158ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

飛鳥の開発と蘇我氏―プロローグ/Ⅰ 蘇我氏の履歴書(稲目以前―つくられた祖先系譜〈蘇我の地に生まれて/武内宿禰とは何者か/蘇我石河宿禰の正体/満智・韓子・高麗は渡来人か〉以下細目略/初代稲目/二代馬子/三代蝦夷/四代入鹿)/人物相関/Ⅱ 蘇我氏が創った飛鳥の都(飛鳥前史/豊浦宮から小墾田宮へ/飛鳥岡本宮、そして板蓋宮/飛鳥、その後)/Ⅲ 蘇我氏の飛鳥をあるく(豊浦寺跡/島庄遺跡/甘樫丘東麓遺跡/軽樹村坐神社/軽衢跡/古宮遺跡(土壇)雷丘東方遺跡/飛鳥寺跡/飛鳥寺西方遺跡/入鹿首塚(付、気都和既神社)/五条野丸山古墳/都塚古墳/石舞台古墳/宮ヶ原一号墳・二号墳/小山田遺跡/菖蒲池古墳/平田梅山古墳(欽明天皇陵)/カナヅカ(平田岩屋)古墳/平田キタガワ遺跡/植山古墳/山田寺跡/軽寺跡/檜隈寺跡(付、於美阿志神社)/坂田寺跡/田中廃寺/和田廃寺/宗我坐宗我都比古神社/入鹿神社(付、首落橋))

このページのトップへ

内容説明

6~7世紀半ば、大臣(おおまえつきみ)として天皇の権力をささえた、稲目(いなめ)・馬子(うまこ)・蝦夷(えみし)・入(いる)鹿(か)ら蘇我氏四代。狭小な飛鳥の地をいかに切り拓き、隋唐に対抗できる都市的空間を築いたか。従来の蘇我氏像を書きかえ、王権の聖地の姿に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

古代国家と大化改新

古代国家と大化改新

日本古代史研究の成果を問う力作

著者:大山 誠一
 
大化改新と蘇我氏

大化改新と蘇我氏 1

蘇我氏はなぜ滅ぼされたのか。真実に迫る!

著者:遠山 美都男
 
 
蘇我蝦夷・入鹿

蘇我蝦夷・入鹿

悪逆非道の元兇とされてきた人間像に迫る!

著者:門脇 禎二
 
古代を考える 蘇我氏と古代国家

古代を考える 蘇我氏と古代国家

逆臣とされた蘇我氏を視点に、実像に迫る!

著者:黛 弘道
 
 
物部・蘇我氏と古代王権

物部・蘇我氏と古代王権

古代豪族の実像を王権の誕生とともに描く

著者:黛 弘道
 
聖徳太子

聖徳太子

推理や憶測を排し透徹の史眼で描く

著者:坂本 太郎
 
 
和国の教主 聖徳太子

和国の教主 聖徳太子 1

真の太子像と太子信仰を探る。

著者:本郷 真紹
 
聖徳太子と東アジア世界

聖徳太子と東アジア世界

「聖徳太子は実在しない」に反論!

著者:川勝 守
 
 
〈聖徳太子〉の誕生

〈聖徳太子〉の誕生 65

聖徳太子論争を巻き起こした、革命的な1冊

著者:大山 誠一
 
ここまでわかった飛鳥・藤原京

ここまでわかった飛鳥・藤原京

いにしえの都の実像に迫る古代史研究最前線

 
 
飛鳥史跡事典

飛鳥史跡事典

約170項目を事件や人物とともに解説

著者:木下 正史
 
飛鳥と古代国家

飛鳥と古代国家 2

激動する国際情勢の中で形成された古代日本

著者:篠川 賢
 
 
飛鳥

飛鳥

蘇我氏、飛鳥寺…多彩なテーマを描いた名著

著者:門脇 禎二
 
飛鳥・白鳳仏教史

飛鳥・白鳳仏教史

国家仏教はいかに誕生したのかを追及する

著者:田村 圓澄
 
 
飛鳥から藤原京へ

飛鳥から藤原京へ 1

宮都や寺院にみる、国家の始まりと文明開化

著者:木下 正史
佐藤 信
 
飛鳥時代 倭から日本へ

飛鳥時代 倭から日本へ

大王から天皇へ。「日本」誕生の原点を描く

著者:田村 圓澄
 
 
飛鳥寺と法隆寺

飛鳥寺と法隆寺 9

仏に古代の夢をはせて飛鳥斑鳩の古寺へ誘う

著者:直木 孝次郎
 
飛鳥の都

飛鳥の都 8

古代史の舞台=飛鳥の魅力を語る!

著者:直木 孝次郎
 
 
飛鳥の宮と藤原京

飛鳥の宮と藤原京 249

『日本書紀』に描かれた真の姿が明らかに

著者:林部 均
 
飛鳥

飛鳥

悠久の歴史の舞台万葉の古里を語る

著者:直木 孝次郎
 
 
研究史 飛鳥藤原京

研究史 飛鳥藤原京

宮都研究の軌跡をたどり、克明に論点を整理

著者:八木 充
 
 

このページのトップへ