安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 対馬宗氏の中世史

対馬宗氏の中世史

対馬宗氏の中世史

古来、国際的事件の舞台になった対馬。歴代当主の治世を辿り、朝鮮との外交・貿易の基本的な枠組みや、領国経営の実態に迫る。

著者 荒木 和憲
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2017/02/28
ISBN 9784642083140
判型・ページ数 4-6・300ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

プロローグ―〈国境〉対馬の宿命/中世対馬の国制上の位置(宗氏の登場前後/宗氏の国制上の位置)/進展する領国形成と朝鮮通交(領国形成の本格化―宗貞茂の時代/「対馬国」の「公方」へ―宗貞盛の時代/日朝「両属」下での実利の追求―宗成職の時代/豊崎郡主系宗氏の飛躍―宗貞国の時代)/コラム(書契・図書・文引―四五〇年の歴史/港湾都市佐賀―文化が交錯する場/国分寺―国家鎮護から宗家菩提寺へ)/暗転する領国経営と朝鮮通交(斜陽の時代への突入―宗材盛・宗義盛の時代/急進的な朝鮮通交とその挫折―宗盛長の時代/絶えない政変と騒乱―宗将盛の時代)以下細目略/復調する領国経営と朝鮮通交/コラム/エピローグ―対馬宗氏の四〇〇年

このページのトップへ

内容説明

倭寇や秀吉の「唐入り」など、国際的事件の舞台になった対馬。一方で、朝鮮半島との交流は必要不可欠であった。この〈国境の島〉で、中世の日朝外交や貿易を公的に主導した宗氏とはいかなる存在だったのか。歴代当主の治世を辿り、朝鮮との間で5世紀にわたり継続した外交・貿易の基本的な枠組みや、〈国境〉ゆえに揺れ動いた領国経営の実態に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

壱岐・対馬と松浦半島

壱岐・対馬と松浦半島 49

海上の道で結ばれた 東アジア交流を描く

著者:佐伯 弘次
 
 

このページのトップへ