安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 鯨を生きる

鯨を生きる 445 新刊

鯨人の個人史・鯨食の同時代史

鯨を生きる

鯨と共に生きてきた “鯨人”6人が個人史を語る。江戸時代から今日まで、捕鯨・鯨食の多様性を生活様式の移りかわりに位置づける。

著者 赤嶺 淳
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2017/02/20
ISBN 9784642058452
判型・ページ数 4-6・304ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

個人史と同時代史――プロローグ/鯨を捕る(鯨ど海に取り憑かれたんだっちゃ/鯨はすべてでした/百姓どころでね。銭んこ、とらなきゃ)/鯨を商う(それじゃあ、プロの仕事やない/こんなに美味しいものは、ほかにない/鯨一頭食べる会、またやりたいな)/鯨で解く(鯨革命と捕鯨の多様性/銃後の鯨肉――伝統食か、代用食か?/国民総鯨食時代――マーガリンと魚肉ソーセージ/稀少資源化時代の鯨食文化―サエズリの伝播と鯨食のナショナル化)/クジラもオランウータンも?――エピローグ/日本における近代捕鯨一一〇年の歩み

このページのトップへ

内容説明

鯨とともに生きてきた “鯨(くじら)人(びと)” 6人の聞き書きを通して、日本社会における捕鯨と鯨食の多様な関係性を明らかにする。江戸時代の鯨食文化から戦後の「国民総鯨食時代」、鯨肉が「稀少資源化」した現代にいたるまで、捕鯨と鯨食の変遷を、近世から現代の料理書に触れつつ、高度経済成長を契機とした生活様式の移りかわりに位置づける、注目の1冊。

このページのトップへ

関連書籍

イルカと日本人

イルカと日本人

現地調査と資料を駆使して体系的に分析する

著者:中村 羊一郎
 
人と動物の日本史 3

人と動物の日本史 3

発展・変貌する人と動物の関係性を探る

著者:菅 豊
 
 
事典 人と動物の考古学

事典 人と動物の考古学

骨が語る、日本人と動物の知られざる歴史

 
日本人の宗教と動物観

日本人の宗教と動物観

日本人がタブー視した「殺生肉食」に注目

著者:中村 生雄
 
 
神々と肉食の古代史

神々と肉食の古代史

女神も卑弥呼も肉好き。神話から古代人探る

著者:平林 章仁
 
民俗小事典 食

民俗小事典 食

「食べること」に関する約450項目を解説

 
 
日本食生活史

日本食生活史

食生活のすべてを詳説

著者:渡辺 実
 
日本の食文化史年表

日本の食文化史年表

日本人の“食”のすべてがわかる楽しい年表

 
 
日本食物史

日本食物史

採集狩猟~スローフードまで日本〈食〉百科

 
 

このページのトップへ