安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本陸軍の対ソ謀略

日本陸軍の対ソ謀略  新刊

日独防共協定とユーラシア政策

日本陸軍の対ソ謀略

日独防共協定はいかに締結されたか。諜報活動、航空路整備など陸軍の対ソ工作から再考し、全体像を解明。両国の戦略的関係に迫る。

著者 田嶋 信雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2017/02/20
ISBN 9784642083157
判型・ページ数 4-6・216ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 日独防共協定を捉える視点/日露戦争前後の「独禍東漸」と「日禍西漸」(「黄禍論」と「日禍西漸」の脅威/日本とドイツのトルコ・イスラーム政策構想)/第一次世界大戦期の「独禍東漸」と「日禍西漸」(エンヴェル・パシャとオッペンハイム/ドイツのアフガニスタン・新疆・満洲での後方攪乱・扇動工作/「独禍東漸」と「日禍西漸」)以下細目略/関東軍の「西進」政策と内蒙高度自治運動/ルフトハンザ航空・欧亜航空公司と満洲航空株式会社/「華北分離工作」と「防共外交」/日独「満」航空協定および日独謀略協定の成立/アフガニスタンの政治焦点化/日中戦争の勃発とユーラシア諜報・謀略協力の挫折/終章 ユーラシア諜報・謀略協力体制の終焉

このページのトップへ

内容説明

第2次世界大戦開戦にあたり重要な位置を占めた日本とドイツ。その関係深化の契機となった日独防共協定はいかに締結されたか。ユーラシア大陸をまたにかけた諜報・謀略活動、航空路整備、対イスラーム政策など、外務省ルートとは別に進行した陸軍の対ソ工作に注目。「空虚な同盟」とされてきた防共協定の全体像を解明し、両国の戦略的関係に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

ナチス・ドイツと〈帝国〉日本美術

ナチス・ドイツと〈帝国〉日本美術

美術と政治が交錯する特異な世界を描き出す

著者:安松 みゆき
 
ヒトラーのニュルンベルク

ヒトラーのニュルンベルク 90

20世紀の闇―ナチス生んだ歴史の根源とは

著者:芝 健介
 
 
尾崎秀実とゾルゲ事件

尾崎秀実とゾルゲ事件

事件の真相と尾崎の実像を新資料から解明

著者:太田 尚樹
 
近衛文麿

近衛文麿 282

人気取り政治家と言われてきた通説を見直す

著者:古川 隆久
 
 
大日本帝国の崩壊

大日本帝国の崩壊 25

〈戦争の時代〉を国民意識の視点から考える

著者:山室 建徳
 
アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
 

このページのトップへ