安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 朝河貫一と日欧中世史研究

朝河貫一と日欧中世史研究

朝河貫一と日欧中世史研究

日本史研究を世界に発信したイェール大学教授・朝河貫一。その先駆性と史学史上の意義を再評価。同大学図書館の資料収集記録も掲載。

著者 海老澤 衷
近藤 成一
甚野 尚志
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2017/02/27
ISBN 9784642029353
判型・ページ数 A5・312ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

日欧の比較封建制論と現代(朝河貫一と日欧比較封建制論―「朝河ペーパーズ」の「封建社会の性質」草稿群の分析…甚野尚志/越前国牛原荘の研究と朝河貫一…似鳥雄一)/朝河貫一の中世史像と歴史学界(『入来文書』の構想とその史学史上の位置―日欧の中世史研究からみて…佐藤雄基/朝河貫一と日本の歴史学界…近藤成一/鎌倉幕府の成立と惟宗忠久―朝河貫一研究との関連で…海老澤衷)/朝河貫一の活動とイェール大学(朝河貫一とイェール大学日本語コレクション―構築・目録作成、整理の葛藤…中村治子/朝河貫一の生涯―家族・知人・教え子…山内晴子/付録(イェール大学所蔵朝河関連資料および参考文献…中村治子作成/朝河貫一とオットー・ヒンツェの往復書簡…甚野尚志作成/「朝河ペーパーズ」の基礎的研究 補遺―朝河研究の課題として…佐藤雄基作成)

このページのトップへ

内容説明

明治から昭和期に欧米の歴史学者との交流の中で学問を磨き、アメリカから日本史研究を世界に発信したイェール大学教授・朝河貫一。日本と西欧を比較し、中世社会の封建制度を追究する朝河の先駆性と史学史上の意義を、現在の中世史研究に照らして再評価する。同大学図書館の日本史資料収集に関わる記録や、歴史家と交わした書簡の翻刻なども掲載。

このページのトップへ

関連書籍

中世 日本と西欧

中世 日本と西欧

日欧の比較・分析を通じ新たな中世像を描く

 
封建都市

封建都市 4

『堺』『日本の封建都市』ほか諸論文を収録

著者:豊田 武
 
 
日本の封建制

日本の封建制 8

諸論文を収録。略年譜・著作目録を付す

著者:豊田 武
 
 

このページのトップへ