安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > わくわく!探検 れきはく日本の歴史

わくわく!探検 れきはく日本の歴史 3 新刊

近世

わくわく!探検 れきはく日本の歴史

博物館が本になった! 小中学生が日本の歴史と文化を楽しく学べる新しいシリーズ。見て、読んで、体験する江戸時代。

著者 国立歴史民俗博物館
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ わくわく探検! れきはく日本の歴史
出版年月日 2017/09/28
ISBN 9784642068239
判型・ページ数 B5・86ページ
定価 本体1,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

江戸図屛風の世界(江戸図屛風をながめよう/江戸城はどんな城?/江戸城を囲む武家屋敷/日本橋のにぎわい/家光を探してみよう!)/コラム 昆布と薬/世界のなかの日本(モノでつながる世界と日本/長崎にくらす中国人/出島とオランダ人/朝鮮通信使、江戸城に来たる/にぎやかな那覇の港/北の交易―アイヌと日本人)/コラム 音で聴く江戸時代(1)シーボルトが聴いた日本の音楽/都市の時代(江戸を空からながめたら/江戸城は大こんざつ/江戸時代の人生ゲーム/町の人気スポット 江戸橋広小路/町の人びとのくらし/錦絵ってどんな絵?/見世物を見にいこう!/だれの着物かな?)以下細目略/コラム 音で聴く江戸時代(2)琉球の三線/人とモノのながれ/コラム 自然をみつめる―なんの絵かな?/ようこそ寺子屋「れきはく」へ/コラム くずし字 書けるかな/新しい時代の息吹

このページのトップへ

内容説明

江戸時代の人はどんなくらしをしていたのかな?
人やものはどのように行き来していたのかな?
外国とのつながりはあったのかな?
子どもたちが通った「寺子屋」ってどんなところ?
さあ、とびらを開けてのぞいてみよう!

このページのトップへ

関連書籍

新しい江戸時代が見えてくる

新しい江戸時代が見えてくる

265年の歴史を今日的視点から見直す

著者:大石 学
 
ここまで変わった日本史教科書

ここまで変わった日本史教科書

記述の変化と根拠となる研究の進展を解説

 
 

このページのトップへ