安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 〈総合資料学〉の挑戦

〈総合資料学〉の挑戦

異分野融合研究の最前線

〈総合資料学〉の挑戦

大学や博物館所蔵の多様な資料を新視点で把握し、デジタルデータとして結びつけた「総合資料学の創成」。その概要と実践例を紹介。

著者 国立歴史民俗博物館
ジャンル 日本歴史
出版年月日 2017/02/28
ISBN 9784642038669
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序/本論集の趣旨…西谷 大/総合資料学の創成にむけて…久留島 浩/「地域の学術文化の復興」と総合資料学―東日本大震災における資料保全活動の体験から…三上喜孝/コラム1 戦後(1945-1953)の沖縄の博物館づくり―資料収集はいかに行われたか…園原 謙/総合資料学の射程と情報基盤…後藤 真/京都大学研究資源アーカイブにおける研究資料情報の共有…五島敏芳・戸田健太郎/コンピューターによる時間情報の記述と活用…関野 樹/東京大学史料編纂所の編纂とその事業にともなうデータベース…山田太造/コラム2 「古代の百科全書」としての『延喜式』―異分野からの『延喜式』研究の歩み…小倉慈司/博物館資料を多角的に読む―風景写真を事例に…青山宏夫/資料の自然科学分析―土器付着物と民族資料…渋谷綾子/コラム3 小判の色付―人文科学と自然科学からみた江戸時代の職人技…齋藤 努/総合資料学の未来を考える―パネルディスカッションから…西谷 大

このページのトップへ

内容説明

全国の大学や博物館が所蔵し、生み出してきた多種多様な資料。それらを学問の領域を超えた新たな視点で把握し、デジタルデータとして結びつけ、有機的に活用する異分野融合型研究「総合資料学の創成」。大学と博物館・図書館等の連携、デジタル技術を核とする次世代の歴史研究など概要と実践例を紹介し、今後の課題を示したシンポジウムの記録集。

このページのトップへ

関連書籍

被災地の博物館に聞く

被災地の博物館に聞く

レスキュー活動と修復法を現地からレポート

 
市民のなかの博物館

市民のなかの博物館

ひらかれた博物館を提唱した名著

著者:伊藤 寿朗
 
 
生業から見る日本史

生業から見る日本史

民衆が営んだ生業の、豊かさと逞しさを探る

 
築何年?

築何年?

古民家から寺院まで、その建築年代がわかる

 
 
高度経済成長と生活革命

高度経済成長と生活革命

衣食住の革命的変化はいかにもたらされたか

 
盆行事と葬送墓制

盆行事と葬送墓制

地域差の意味と現代の大きな変化に迫る!

 
 

このページのトップへ