安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 江戸の蔵書家たち

江戸の蔵書家たち  新刊

江戸の蔵書家たち

江戸時代中後期、多くの書物を収集する武士や町人が現れた。彼らの知的営為と目指したものを、遺された目録や解題、索引から探る。

著者 岡村 敬二
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 読みなおす日本史
出版年月日 2017/03/16
ISBN 9784642067249
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/蔵書家の登場(擁書楼/文人たちの群像)/書物の森へわけいる(日本の書物の集大成/分類と目録の長い道/解題の意味論/群書捜索への意志)/知のかたち、知の地平(全国規模へ/会合隆盛/図書館の萌芽)/引き継がれた書誌(西洋の流入/営為を継ぐもの)/明治の時代に受け継がれた大阪の文運

このページのトップへ

内容説明

江戸時代中後期、商業出版が盛んになり、多くの書物を収集する武士や町人が現れた。体系的に書物を蓄積した小山田与(とも)清(きよ)、屋代(やしろ)弘(ひろ)賢(かた)、狩谷棭(えき)斎(さい)、塙(はなわ)保己一(ほきいち)らの知的営為と目指したものを、遺された目録や解題、索引から探る。

このページのトップへ

関連書籍

狩谷棭斎

狩谷棭斎 205

江戸後期、博学町人学者の初の伝記

著者:梅谷 文夫
 
塙保己一

塙保己一

群書類従など莫大な古典編纂校訂を遂ぐ生涯

著者:太田 善麿
 
 
浮世絵出版論

浮世絵出版論

制作の舞台裏から商品としての実態に迫る

著者:大久保 純一
 
松陰の本棚

松陰の本棚 437

〝読書魔〟松陰の思想と人脈に迫る!

著者:桐原 健真
 
 
近世の在村文化と書物出版

近世の在村文化と書物出版

豪農商文人の書物から文化の成熟をみる

著者:杉 仁
 
書物に魅せられた英国人

書物に魅せられた英国人 163

書物への愛に人生を翻弄された日本研究家伝

著者:横山 學
 
 
国史大系書目解題 上

国史大系書目解題 上

国史大系各書目の基礎的理解を深める必読書

 
国史大系書目解題 下

国史大系書目解題 下

国史大系各書目の基礎的理解を深める必読書

 
 
日本史文献解題辞典

日本史文献解題辞典

日本史・日本文化の研究に不可欠な文献網羅

 
 

このページのトップへ