安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 列島を翔ける平安武士

列島を翔ける平安武士 446 新刊

九州・京都・東国

列島を翔ける平安武士

中世前期の武士は土着イメージが強いが、実際は列島を広く移動した。様々な情報を得て果敢に活動の空間を広げた武士たちの姿に迫る。

著者 野口 実
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2017/03/20
ISBN 9784642058469
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

武士は移動する―プロローグ/京都下りの飽くなき収奪者 藤原保昌(冷酷非道な日向守/「兵家」黒麻呂流藤原氏/中央権門と大宰府)/大宰府の武者 平為賢と平季基(東国から鎮西へ/刀伊の入寇/南九州に進出する府官たち/もうひとつの長元の乱)/南島交易と摂関家の爪牙 阿多忠景と源為朝(肥前と薩摩/河内源氏の九州進出/島津庄の発展/平家政権と南九州)/九州に進出する幕府御家人 千葉常胤と島津忠久(源頼朝の挙兵と千葉氏/鎮西守護人千葉常胤/東海道大将軍千葉常胤/鎌倉幕府の成立と南九州/島津氏の成立)/武士の列島展開と京都(京都七条町の成立と殷賑/地域間ネットワークの広がり)/グローバリズムの時代を生きた武士たち―エピローグ/略年表

このページのトップへ

内容説明

中世武士は地方の所領に根を下ろすイメージが強いが、実際には北は陸奥から南は薩摩まで列島間を移動していた。京都や東国と関わりを持ちつつ、九州で活動した中世成立期の有力武士団を取り上げて実態を検証。在京活動のなかで各地から出仕してきた傍(ほう)輩(ばい)とのネットワークを築き、様々な情報を得て果敢に活動の空間を広げた武士たちの姿に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

源氏と坂東武士

源氏と坂東武士 234

坂東に生きた武士たちの軌跡に迫る

著者:野口 実
 
その後の東国武士団

その後の東国武士団 327

坂東を駆け巡った名族たちの栄枯盛衰に迫る

著者:関 幸彦
 
 
武蔵武士団

武蔵武士団

平家物語・太平記から浮かび上がる全貌!

著者:関 幸彦
 
平将門と東国武士団

平将門と東国武士団 1

将門追討で功をなした人々の系譜を辿る

著者:鈴木 哲雄
 
 
東国武士団と鎌倉幕府

東国武士団と鎌倉幕府 2

東国武士のネットワークと内乱のなかの日常

著者:高橋 一樹
 
院政と武士の登場

院政と武士の登場 2

院政の展開と武士の成長が織りなす世界

著者:福島 正樹
 
 
鎌倉幕府と鎮西

鎌倉幕府と鎮西

鎮西における時代の推移と地域の特質を解明

著者:瀬野 精一郎
 
吾妻鏡必携

吾妻鏡必携

基礎知識満載、座右必備の『吾妻鏡』百科

著者:関 幸彦
野口 実
 
 
源平合戦事典

源平合戦事典

歴史から文学・伝承まで、約500項目

著者:福田 豊彦
関 幸彦
 
 

このページのトップへ