安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 白山平泉寺

白山平泉寺  新刊

よみがえる宗教都市

白山平泉寺

泰澄による開山から一向一揆による全山焼亡まで。白山信仰や経済活動に迫り、世界の都市・城郭に匹敵する宗教都市の栄華を描く。

著者 勝山市
ジャンル 宗教史 > 仏教
出版年月日 2017/03/31
ISBN 9784642083164
判型・ページ数 A5・276ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

白山平泉寺、奥州平泉、洛陽平泉―刊行にあたって…山岸正裕/ようこそ、白山平泉寺の歴史へ…阿部来/宗教都市の栄華(白山平泉寺の繁栄と富…阿部来/東尋坊と白山平泉寺…藤本康司/一乗谷と平泉寺の建物・都市計画…吉岡泰英/平泉寺、村岡山城と白山麓地域の再編…松浦義則/村岡山合戦と勝山城下町の成立…仁木宏)/白山平泉寺にみちびかれて、僕の中世史観…春風亭昇太/白山の信仰と禅定道(白山信仰研究の現状…宝珍伸一郎/泰澄と白山開山伝承…東四柳史明/白山山頂と禅定道の遺跡群…小阪大/越前禅定道を歩く…山田安泰/白山への道、平泉寺への道…山口欧志/中宮八院と加賀白山信仰…川畑謙二/大本山永平寺と白山…浅野良治/中世大野と平泉寺…佐々木伸治)/白山平泉寺の世界史(白山平泉寺とその時代―寺・城・居館…中井均/比叡山延暦寺と白山平泉寺…下坂守/中世都市としての白山平泉寺の魅力…仁木宏/日本と世界の城郭史における白山平泉寺…千田嘉博/世界の宗教都市と白山平泉寺…宇野隆夫)/あとがき…仁木宏・阿部来/年表/白山平泉寺散策マップ

このページのトップへ

内容説明

霊峰をはるかに望み、苔むす境内が広がる白山(はくさん)平泉寺(へいせんじ)。1300年前に開かれ、戦国時代には堂社・坊院が建ち並ぶ巨大都市に発展し、石垣や砦など石造りの施設に守られて戦国大名や一向一揆と対峙した。白山山頂を目指す登拝道を踏査し、福井・石川・岐阜県に広がる山岳信仰や経済活動に迫る。世界の都市・城郭に匹敵する宗教都市の栄華がよみがえる。

このページのトップへ

関連書籍

一向一揆と石山合戦

一向一揆と石山合戦 14

民衆が巻き込まれ、自ら関わった戦争の実像

著者:神田 千里
 
 
一向一揆論

一向一揆論

仏教史・真宗史の視点から捉え直す

著者:金龍 静
 
 

このページのトップへ