安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 乱世の王権と美術戦略

乱世の王権と美術戦略 3 新刊

室町・戦国時代

乱世の王権と美術戦略

南北朝~戦国の動乱期、天皇はいかに美術に関与し続けたか。生き残りをかけた王権の美術戦略は、強力なイメージの磁場を生み出した。

著者 髙岸 輝
黒田 智
ジャンル 美術史 > 日本美術史
シリーズ 天皇の美術史
出版年月日 2017/04/28
ISBN 9784642017336
判型・ページ数 A5・254ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

総説 乱世の王権と美術戦略…髙岸 輝/天皇と中世絵巻…髙岸 輝(はじめに―中世天皇の「正統」と絵巻/花園天皇と絵巻の時代〈花園天皇の美術サロン/高階隆兼の新古典/宝蔵の解体と絵巻の流転―蓮華王院宝蔵から仁和寺宝蔵へ〉/『看聞日記』の造形世界―室町時代の天皇と絵巻〈北朝分裂と土佐派誕生/皇胤再興への道のり―『看聞日記』にみるコレクションの消長/「薄氷」の時代と絵画―足利義教の絵巻と唐絵/絵巻コレクションの継承と拡張/「御絵抜群」の系譜―後花園天皇と絵巻〉以下細目略/洛中洛外の絵巻ルネサンス―戦国時代の天皇と絵巻)/天皇と天下人の美術戦略…黒田 智(はじめに―十六世紀最後の一〇年/復興の世紀/首都と内裏の風景―〈外〉なる細画/豪壮なるネイション―〈内〉なる大画/レガリアの系譜/おわりに―寛永三年九月六日

このページのトップへ

内容説明

南北朝から戦国の動乱期、天皇はいかに美術に関与し続けたのか。室町期天皇の知られざる絵巻享受、天皇と天下人による文化の覇権争い。生き残りをかけた王権の美術戦略は、やがて強力なイメージの磁場を生み出した。

このページのトップへ

関連書籍

雅の近世、花開く宮廷絵画

雅の近世、花開く宮廷絵画 4

琳派の生成、描く天皇…京都画壇の実像

 
室町絵巻の魔力

室町絵巻の魔力

絵巻に憑かれた将軍たち。その魔力に迫る

著者:高岸 輝
 
 
藤原鎌足、時空をかける

藤原鎌足、時空をかける 314

無限に増幅する鎌足の歴史的イメージに迫る

著者:黒田 智
 
戦国時代の足利将軍

戦国時代の足利将軍 323

なぜ足利将軍は滅亡しなかったのか

著者:山田 康弘
 
 
歴代天皇・年号事典

歴代天皇・年号事典

最も精確で信頼できる「天皇事典」の決定版

著者:米田 雄介
 
 

このページのトップへ