安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 天皇側近たちの奈良時代

天皇側近たちの奈良時代 447 新刊

天皇側近たちの奈良時代

聖武天皇・光明皇后を中心とした人間関係などから側近の具体像に迫る。律令制の下で側近が果たした役割を探り、古代国家像を描く。

著者 十川 陽一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2017/04/20
ISBN 9784642058476
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

側近とは何者か―プロローグ/日本古代史における側近の可能性(平安初期の政局と側近たち/律令官僚制と側近のあいだ)/側近のてがかり―天皇周辺の事業から(古代の都造り/都造りに動員される人々/造営官司と官人たち)/側近の具体像・内臣(内臣とその淵源/八世紀の天皇家産と藤原氏/仲麻呂と紫微中台)/側近の諸相(称徳女帝の側近たち/側近になるメリット/ある側近の人生)/内臣の変質と新しい側近の姿(新しい王統と側近の展開/平安時代への展開)/側近からみた日本の古代国家―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

古代日本における天皇の側近とは、いかなる存在だったのか。都造りなど天皇周辺の事業から手がかりを探り、藤原・阿倍氏らが担った内臣の職の起源と展開を軸に、聖武天皇・光明皇后を中心とした人間関係などを読み解きながら側近の具体像に迫る。天皇家と律令制の構造の中で側近たちが果たした役割を位置づけ、彼らを通して古代国家像を描く。

このページのトップへ

関連書籍

若い人に語る奈良時代の歴史

若い人に語る奈良時代の歴史

歴史教科書とは一味違う古代史の魅力を再現

著者:寺崎 保広
 
奈良の都と天平文化

奈良の都と天平文化 3

国際色豊かな文化と律令国家体制の内実

著者:西宮 秀紀
 
 
藤原仲麻呂

藤原仲麻呂

悲劇の宰相の生涯から奈良朝史の秘鍵を解く

著者:岸 俊男
 
奈良朝の政変と道鏡

奈良朝の政変と道鏡 2

〝悪僧〟イメージに埋もれた真の姿とは?

著者:瀧浪 貞子
 
 
奈良時代の政争と皇位継承

奈良時代の政争と皇位継承

天皇権力と専権貴族の政治闘争の実態に迫る

著者:木本 好信
 
古代天皇家の婚姻戦略

古代天皇家の婚姻戦略 359

キサキの条件とは? 婚姻からみた古代王権

著者:荒木 敏夫
 
 
聖武天皇が造った都

聖武天皇が造った都 339

謎の多い聖武天皇の行動の意図を読み解く

著者:小笠原 好彦
 
奈良の都

奈良の都

不比等、聖武、光明子…。天平文化の華開く

著者:笹山 晴生
 
 
奈良の都

奈良の都 13

長屋王・聖武天皇・不比等…平城京の光と影

著者:直木 孝次郎
 
奈良

奈良 3

数多い観光案内書にあきたらぬ方々に最適

著者:永島 福太郎
 
 
天皇の音楽史

天皇の音楽史 442

帝王学としての楽器演奏の実態に迫る!

著者:豊永 聡美
 
古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

新たな全体像を提起する。

著者:河内 祥輔
 
 
昭和天皇側近たちの戦争

昭和天皇側近たちの戦争 296

天皇の忠臣たちの目からみた戦争の昭和史

著者:茶谷 誠一
 
歴代天皇・年号事典

歴代天皇・年号事典

最も精確で信頼できる「天皇事典」の決定版

著者:米田 雄介
 
 

このページのトップへ