安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 表象としての皇族

表象としての皇族  新刊

メディアにみる地域社会の皇室像

表象としての皇族

中央・地方諸メディアに描かれた昭和天皇の弟宮の像を、様々な視角から分析。皇族表象のあり方と天皇制と如何に関係したかを追究。

著者 茂木 謙之介
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2017/05/22
ISBN 9784642038676
判型・ページ数 A5・328ページ
定価 本体8,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/序章 皇族表象研究という視座/〈現人神〉と国民のはざま―昭和戦前戦中期における皇族表象(利用・崇敬・規制―宮内省と皇族表象/新聞メディアの中の皇族たち―『東京朝日新聞』『朝日新聞』を中心に/皇族図像の変遷過程―『アサヒグラフ』を事例として/「御成」報道の文法―『河北新報』における報道を中心に/津軽の秩父宮―地域社会における皇族イメージの形成と展開)/象徴天皇(制)と変わらざる余白―戦後期における皇族表象(自己表象の戦略性―秩父宮自筆記事の分析から/戦後新聞メディアにおける残存―『朝日新聞』における皇族表象/グラフ誌における連続性―『アサヒグラフ』における皇族表象/戦後「御成」報道のレトリック―『河北新報』を中心に/残響する記憶―戦後青森県域における皇族表象の生成)/終章 表象としての皇族

このページのトップへ

内容説明

戦前から戦後にかけ国民と接した皇族は、どのような存在として認識されていたのか。中央・地方の諸メディアに描き出された、昭和天皇の弟宮たちの像を、様々な視角から分析。天皇の代理/国民の代表という両義性を有した皇族像が、〈現人神〉言説や象徴天皇への転換など、それぞれの時代において天皇制システムの維持に果たした役割を追究する。

このページのトップへ

関連書籍

「昭和天皇実録」講義

「昭和天皇実録」講義

出生から逝去まで、要点をわかりやすく解説

 
昭和天皇退位論のゆくえ

昭和天皇退位論のゆくえ 379

退位問題はいかに巻き起こり論議されたのか

著者:冨永 望
 
 
昭和天皇とスポーツ

昭和天皇とスポーツ 425

国家と天皇は、スポーツに何を求めたのか?

著者:坂上 康博
 
昭和天皇側近たちの戦争

昭和天皇側近たちの戦争 296

天皇の忠臣たちの目からみた戦争の昭和史

著者:茶谷 誠一
 
 

このページのトップへ