安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世史研究遺文

近世史研究遺文  新刊

近世史研究遺文

日本の歴史学界を牽引した博士の研究を総括する。戦前発表の入手しがたい論考をはじめ、農村・農民史など、不朽の学問体系を集大成。

著者 児玉幸多先生論集刊行委員会
ジャンル 日本歴史 > 近世史
出版年月日 2017/06/23
ISBN 9784642034784
判型・ページ数 A5・430ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ 近世の上賀茂社(賀茂別雷神社の集会制度/賀茂清茂伝/梅辻則清遠島始末/京都上賀茂の三手文庫について)/Ⅱ 一揆と騒動(磔茂左衛門の背景/百姓一揆談の成立―佐倉惣五郎の場合/百姓一揆の資料―上総国夷隅郡の杢右衛門/福田八郎右衛門/出羽国大山騒動/陸奥の地割制度と経済事情)/Ⅲ 地租改正と町村制(木曽山林の地租改正/明治町村制の実施上の諸問題)/Ⅳ 交通史拾遺(交通史研究の発展/幕末将軍の上洛と宿駅の負担/峠と街道)

このページのトップへ

内容説明

戦前・戦後を通じて、近世史研究に止まることなく、日本の歴史学界を牽引した児玉幸多博士の研究を、没後十年を機に総括する。戦前発表の神社史研究などの入手しがたい論考をはじめ、百姓一揆をめぐる農村・農民史、地租改正・町村制による近代への転換、珠玉の交通史随想など、六十余年に及ぶ不朽の学問体系を集大成し、今後の研究の礎とする。

このページのトップへ

関連書籍

日本史年表・地図 (2017年版)

日本史年表・地図 (2017年版)

2016年の記事を追加して新年度版を刊行

著者:児玉 幸多
 
標準日本史年表(2016―2017年版)

標準日本史年表(2016―2017年版)

2015年の記事を追加。正確・詳細な内容

著者:児玉 幸多
 
 
標準 日本史地図

標準 日本史地図

正確・詳細・豊富な内容誇る必備の歴史地図

著者:児玉 幸多
 
史料による日本の歩み 古代編

史料による日本の歩み 古代編

有史以降院政期前まで300余点を収録

 
 
史料による日本の歩み 中世編

史料による日本の歩み 中世編

武士勃興から室町時代まで700余点を収録

 
新版 史料による日本の歩み 近世編

新版 史料による日本の歩み 近世編

重要史料260余点を体系的に編成

 
 
史料による日本の歩み 近代編

史料による日本の歩み 近代編

近代社会の芽生え~現代まで300余点収録

 
佐倉惣五郎

佐倉惣五郎

義民惣五郎は架空の人物か。実像に迫る!

著者:児玉 幸多
 
 
近世宿駅制度の研究 増訂版

近世宿駅制度の研究 増訂版

近世宿駅に関する諸問題を詳細に解説

著者:児玉 幸多
 
近世交通史料集 四

近世交通史料集 四

道中奉行が天保~安政間に整理した史料

著者:児玉 幸多 校訂
 
 
近世交通史料集 五

近世交通史料集 五

中山道の全貌をうかがう史料を収録

著者:児玉 幸多 校訂
 
近世交通史料集 六

近世交通史料集 六

付属する街道についても多数収載する

著者:児玉 幸多 校訂
 
 
近世交通史料集 七

近世交通史料集 七

町飛脚に関する多数の史料を収録する

著者:児玉 幸多 校訂
 
近世交通史料集 八

近世交通史料集 八

吉宗時代までの幕府法令を収録する

著者:児玉 幸多 校訂
 
 
近世交通史料集 九

近世交通史料集 九

家重時代以降の幕府法令を収録する

著者:児玉 幸多 校訂
 
近世交通史料集 十

近世交通史料集 十

参勤交代制度等の具体的な状態を解き明かす

著者:児玉 幸多 校訂
 
 
近世交通史料集 二

近世交通史料集 二

宿駅研究に必備不可欠の貴重な文献の下巻

著者:児玉 幸多 校訂
 
近世交通史料集 一

近世交通史料集 一

宿駅研究に必備不可欠の貴重な文献の上巻

著者:児玉 幸多 校訂
 
 

このページのトップへ