安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 天皇の即位儀礼と神仏

天皇の即位儀礼と神仏  新刊

天皇の即位儀礼と神仏

即位儀礼における皇位の正統性や権威はいかに創出されたか。儀式書や聖教を読み解き、神仏と天皇の関係から即位儀礼の本質に迫る。

著者 松本 郁代
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
宗教史 > 宗教一般
出版年月日 2017/07/28
ISBN 9784642083218
判型・ページ数 4-6・304ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 「公の秘説」としての即位儀礼/皇位と神仏(神仏の叙述〈即位式のはじまり/高御座の盧舎那仏/「かむながら」にみる神の差配/即位宣命の神と天皇/国土の統治者と仏教/天孫と盧舎那仏/脱神話化の即位宣命〉/秘儀の相伝〈大嘗祭の歴史/大嘗祭の構成/神座の神と天皇/神膳供進の儀の次第/秘伝としての神膳供進の儀〉/即位灌頂の登場〈即位灌頂の歴史的前提/即位印明の濫觴/末法における後三条天皇の即位/真言密教の伝来と金輪聖王/物語的機能における大日如来/皇帝と真言密教〉以下細目略)/秘伝の生成(夢想による即位秘印/即位印明伝授の正統性)/仏教的世界の天皇と皇位(仏教的世界観における天皇/仏教的世界観における皇位)/終章 仏教の近代化と即位儀礼の舞台

このページのトップへ

内容説明

前近代の即位儀礼における皇位の正統性や権威は、どのように創出されたのか。儀式書や古記録・聖教・夢想の記述などを読み解き、「公の秘説」として神話や密教的解釈で語られる神仏の物語的機能を通じて即位儀礼の本質に迫る。即位灌頂(かんじょう)での天皇と仏の結び付きや、即位式の神観念の変遷など、神仏と天皇の関係を描き、その歴史的意義を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

平安宮廷の儀礼文化

平安宮廷の儀礼文化

貴族はなぜ先例を重視し儀式を運営したのか

著者:末松 剛
 
 
日本古代王権と儀式

日本古代王権と儀式

儀式が表現する秩序を政治史の観点から研究

著者:古瀬 奈津子
 
儀礼国家の解体

儀礼国家の解体

中世の思想・文化の構造に迫る。

著者:桜井 好朗
 
 
戦国織豊期の社会と儀礼

戦国織豊期の社会と儀礼

儀礼研究の最前線とその行方が分かる23編

著者:二木 謙一
 
 
日蓮信仰の系譜と儀礼

日蓮信仰の系譜と儀礼

日蓮をめぐる信仰の歴史と実態を解明

著者:中尾 堯
 
継体天皇と即位の謎

継体天皇と即位の謎

応神五世孫、新王朝説…。謎に包まれた実像

著者:大橋 信弥
 
 
東アジアの礼・儀式と支配構造

東アジアの礼・儀式と支配構造

日中両国においていかに発展・変容したのか

著者:古瀬 奈津子
 
大神宮儀式解 後篇 外宮儀式解

大神宮儀式解 後篇 外宮儀式解 6

神宮教学の精華を網羅・集大成

 
 
大神宮儀式解 前篇

大神宮儀式解 前篇 5

神宮教学の精華を網羅・集大成

 
 

このページのトップへ