安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > ふたつの憲法と日本人

ふたつの憲法と日本人 450 新刊

戦前・戦後の憲法観

ふたつの憲法と日本人

明治以降の日本に存在するふたつの憲法が、これまで1度も1文字も改正されなかったのはなぜか。日本人の憲法観に迫る、必読の書。

著者 川口 暁弘
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2017/07/18
ISBN 9784642058506
判型・ページ数 4-6・336ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

日本人にとって憲法とはなにか―プロローグ/不磨ノ大典(大日本帝国憲法/近代日本の護憲論/欽定憲法史観/明治大帝論/国体憲法学/不磨ノ大典と日本主義者)/高度国防国家(近代日本の改憲論/革新官僚/国家総動員法・電力国家管理法/近衛新体制)/戦時体制(経済の崩壊/行政の崩壊/社会の崩壊/国政の崩壊/戦時体制と不磨ノ大典/大日本帝国憲法の破綻)/戦後日本の憲法観(日本国憲法/革新護憲/保守改憲/解釈改憲)/近代日本の憲法観―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

明治以降の日本に存在するふたつの憲法。他国では頻繁に改正しているにもかかわらず、大日本帝国憲法は57年、日本国憲法は今日まで70年以上、1度も1文字も改正することがなかった。戦前の「不磨ノ大典」と改憲論、戦後の革新護憲・保守改憲・解釈改憲の歴史から、日本人の憲法観に迫り、国家運営への影響を明らかにする。いま必読の1冊。

このページのトップへ

関連書籍

秘録 維新七十年図鑑(新装版)

秘録 維新七十年図鑑(新装版)

失われた史・資料を多数掲載。稀覯本を復刊

 
占領から独立へ

占領から独立へ 1

講和と安全保障をめぐる戦後8年を描く

著者:楠 綾子
 
 
総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
「主権国家」成立の内と外

「主権国家」成立の内と外 2

“近代国家”はいかに誕生したか?

著者:大日方 純夫
 
 
自由民権と近代社会

自由民権と近代社会 22

伝統社会と近代化の間で揺れる民衆を照射

著者:新井 勝紘
 
戦後改革と逆コース

戦後改革と逆コース 26

占領期を再検討。現代日本誕生の道筋を探る

著者:吉田 裕
 
 
「昭和天皇実録」講義

「昭和天皇実録」講義

出生から逝去まで、要点をわかりやすく解説

 
歴代内閣・首相事典

歴代内閣・首相事典

伊藤博文から鳩山由紀夫まで網羅した決定版

著者:鳥海 靖
 
 

このページのトップへ