安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代豪族葛城氏と大古墳

古代豪族葛城氏と大古墳  新刊

古代豪族葛城氏と大古墳

奈良盆地南西部に葛城氏の大型古墳が集中して造られたのはなぜか。畿内の最有力豪族の政治力、経済力、軍事力を考古学資料から描く。

著者 小笠原 好彦
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
考古学 > 考古一般
出版年月日 2017/08/25
ISBN 9784642083232
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/実在した葛城襲津彦(『帝紀』と倭五王/実在した葛城ソツヒコ/ソツヒコ以後の葛城氏/葛城地域の考古学的知見/南郷遺跡群の発掘/秋津遺跡で見つかった大型区画遺構群)/これまでの馬見古墳群の研究と葛城氏(馬見古墳群の構成/野淵龍潜氏による古墳の記録/馬見古墳群の性格づけ/馬見古墳群での被葬者の想定/馬見古墳群は大王家の古墳とする説/島の山古墳の発掘/巣山古墳の墳丘整備/門脇禎二氏の研究と葛城王国論/馬見古墳群は葛城氏の古墳)以下細目略/葛城地域の大型首長墳と変遷/葛城襲津彦が埋葬された大型首長墳/葛城襲津彦より前に築造された大型首長墳と被葬者/葛城襲津彦以後の大型首長墳と被葬者/葛城に築造された初期の大型首長墳と被葬者/葛城氏の政治・経済的発展と軍事力/葛城氏の衰退と雄略朝/おわりに

このページのトップへ

内容説明

奈良盆地南西部にある馬(うま)見(み)丘陵一帯には、全長200メートルを超える葛城氏の首長墳が集中して築造されている。考古学による首長墳の系列と『古事記』『日本書紀』に記す葛城氏の系譜を対比し、首長墳の被葬者をすべて想定する。古代豪族の葛城氏が畿内の最有力豪族になったのはなぜか。葛城氏の政治力、経済力、軍事力を考古学資料によって描く。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代氏族人名辞典 普及版

日本古代氏族人名辞典 普及版

氏族・人物から重要な2800項目を収録

 
大和の豪族と渡来人

大和の豪族と渡来人 144

古代豪族たちの権力闘争の実態

著者:加藤 謙吉
 
 
古代豪族と武士の誕生

古代豪族と武士の誕生 360

古代史を貫く地方豪族と支配の実態を描く

著者:森 公章
 
古代豪族と渡来人

古代豪族と渡来人

渡来氏族と渡来人の実像と諸活動を解明

著者:大橋 信弥
 
 

このページのトップへ