安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 世界史のなかの天正遣欧使節

世界史のなかの天正遣欧使節  新刊

世界史のなかの天正遣欧使節

ヨーロッパで文化交流の記録を残し帰国した天正遣欧使節。イエズス会日本開教以来の遣欧計画、旅程、彼らの知的遺産から全貌に迫る。

著者 伊川 健二
ジャンル 日本歴史 > 近世史
宗教史 > キリスト教
外国歴史
出版年月日 2017/09/28
ISBN 9784642083256
判型・ページ数 4-6・250ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

天正遣欧使節とはなにか プロローグ/Ⅰ 知られざる日本、知られざるヨーロッパ(西方がみた日本、日本がみた西方〈最古の日本情報/非漢字文化圏との相互認識/『東方見聞録』の日本情報〉以下細目略/具体化するヨーロッパにおけるインド・琉球・日本/東アジア地域の胎動)/Ⅱ 遣欧使節構想の誕生(日欧邂逅の時代/遣欧使節構想の変遷/天正遣欧使節の誕生)/Ⅲ 天正遣欧使節の旅(長崎からイベリアへ/ローマおよびイタリアの諸都市にて/日本への長い帰路)/Ⅳ 天正遣欧使節の知的遺産(ヨーロッパへの衝撃/日本へ持ち帰られた情報/伝説となった遣欧使節)/幻想と憧憬のインドを越えて エピローグ

このページのトップへ

内容説明

九州のキリシタン大名がローマに派遣した天正遣欧使節。四人の少年はヨーロッパで文化交流の記録を残して帰国した最初の日本人となった。彼らが日欧双方にもたらした衝撃とはどのようなものだったのか。八年間の往復行だけでなくマルコ・ポーロの時代まで遡り、イエズス会日本開教以来の遣欧計画、旅程、彼らの知的遺産などからその全貌に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

日本キリスト教史

日本キリスト教史

やさしく描き出したキリスト教史の入門書

著者:五野井 隆史
 
キリシタン信仰史の研究

キリシタン信仰史の研究

教理書や組織の活動から信仰生活に迫る!

著者:五野井 隆史
 
 
キリシタン大名

キリシタン大名

武将たちがキリスト教にかけた思いと挫折!

著者:岡田 章雄
 
キリシタンの文化

キリシタンの文化 67

徳川幕府の迫害下に生き続けた文化を探る

著者:五野井 隆史
 
 
日本キリシタン史の研究

日本キリシタン史の研究

キリシタンの光と影の歴史を解き明かす名著

著者:五野井 隆史
 
アジアン戦国大名大友氏の研究

アジアン戦国大名大友氏の研究

グローバルな営みを史料・遺物などから解明

著者:鹿毛 敏夫
 
 
ザヴィエル

ザヴィエル

東洋伝道の使徒、わが国最初の布教者

著者:吉田 小五郎
 
ザビエルと東アジア

ザビエルと東アジア

彼の教皇大使の資格に着目し布教構想を発見

著者:岸野 久
 
 
ザビエルの同伴者 アンジロー

ザビエルの同伴者 アンジロー 126

アンジローに学ぶ異文化コミュニケーション

著者:岸野 久
 
 

このページのトップへ