安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代中世の葬送と社会

日本古代中世の葬送と社会  新刊

日本古代中世の葬送と社会

古代中世の人々はいかに葬送を執り行っていたのか。葬送の時刻や儀礼・習俗、関与した人々と役割などを解明し、当時の死生観に迫る。

著者 島津 毅
ジャンル 日本歴史 > 古代史
日本歴史 > 中世史
宗教史 > 仏教
民俗学
出版年月日 2017/09/15
ISBN 9784642046374
判型・ページ数 A5・366ページ
定価 本体8,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 葬送史研究の現状と課題/古代中世における死の観念と葬送(古代中世の葬送墓制にみる遺体観と霊魂観―柳田民俗学の課題をふまえて〈平安時代の遺体・遺骨観と霊魂観/七・八世紀の遺体・遺骨観と霊魂観/古代中世における遺体遺棄と葬送〉以下細目略/古代中世における葬送と時刻―他界観・死体観との関係を通して/平安時代以降の葬送と遺体移送―「平生之儀」を中心として)/古代中世における葬送の実態(奈良・平安時代の葬送と仏教―皇族・貴族の葬送を中心として/中世における葬送の僧俗分業構造とその変化―「一向僧沙汰」の検討を通して/中世後期の葬送と清水坂非人・三昧聖―葬送権益の実態を通して/中世京都における葬送と清水坂非人―葬送権益の由来と変容)/終章 本書の成果と課題

このページのトップへ

内容説明

古代中世の人々はどのような遺体・遺骨観、霊魂観を持ち、いかにして葬送を執り行っていたのか。葬送の時刻とその推移、行われる儀礼・習俗、関与した人々とその役割の変化から、当時の実態を明らかにし、人々の他界観・死生観にも迫る。また、清水坂非人の葬送権益を通して、彼らの実像と葬送や寺院等との関係を解明。九百年にわたる日本葬送史。

このページのトップへ

関連書籍

墓と葬送のゆくえ

墓と葬送のゆくえ 391

新しい葬法の問題点を指摘し「埋葬」を問う

著者:森 謙二
 
墓と葬送の社会史

墓と葬送の社会史

社会を映し出す鏡「墓」の歴史を読み解く

著者:森 謙二
 
 
中世の葬送・墓制

中世の葬送・墓制

豊富な事例を通して葬送儀礼の淵源に迫る!

著者:水藤 真
 
日本中世の墓と葬送

日本中世の墓と葬送

貴族・武士らの葬儀がどう庶民へ浸透したか

著者:勝田 至
 
 
民俗小事典 死と葬送

民俗小事典 死と葬送

日本人は「死」をどう迎えてきたか

 
盆行事と葬送墓制

盆行事と葬送墓制

地域差の意味と現代の大きな変化に迫る!

 
 
事典 墓の考古学

事典 墓の考古学

考古学的知見と発掘成果で、墓の歴史に迫る

著者:土生田 純之
 
墓の民俗学

墓の民俗学

枕石等の民俗資料を整理し、研究方法を提示

著者:岩田 重則
 
 
霊魂と旅のフォークロア

霊魂と旅のフォークロア 7

カミ観念の原点と旅の民俗的意味を探る

著者:宮田 登
 
戦死者霊魂のゆくえ

戦死者霊魂のゆくえ

「英霊」でない鎮魂の形。戦死者供養を探る

著者:岩田 重則
 
 
古墳時代の葬制と他界観

古墳時代の葬制と他界観

古墳づくりを含む葬送儀礼の実態!

著者:和田 晴吾
 
日本人の他界観

日本人の他界観 7

他界にこめられていた日本人の思いを追求

著者:久野 昭
 
 

このページのトップへ