安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 雅の近世、花開く宮廷絵画

雅の近世、花開く宮廷絵画 4 新刊

江戸時代前期

雅の近世、花開く宮廷絵画

狩野探幽や俵屋宗達が宮廷に好まれたのはなぜか。琳派の展開や、自ら絵筆をとる天皇・皇族の姿など、雅やかな京都画壇の実像を探る。

著者 野口 剛
五十嵐 公一
門脇 むつみ
ジャンル 美術史 > 日本美術史
シリーズ 天皇の美術史
出版年月日 2017/09/28
ISBN 9784642017343
判型・ページ数 A5・260ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

総説 雅の近世、花開く宮廷絵画…野口 剛/御所の障壁画制作―天明の大火以前…五十嵐公一(近世はじめの御所造営〈正親町院御所/秀吉と後陽成天皇/永徳と等伯/一度目:慶長の御所造営/仁和寺への下賜/慶長の第二次御所造営/下賜された障壁画の行方/大覚寺の問題〉/狩野一門の事情/寛永・承応・寛文の御所造営/延宝・宝永の御所造営/天明の大火まで)/琳派と宮廷―俵屋絵と宗達、そして光琳…野口 剛(後陽成天皇と俵屋の料紙装飾/後水尾天皇と宮廷画家宗達/俵屋の草花図と宮廷/宮廷周辺での俵屋の草花図の継承と尾形光琳)/後水尾天皇時代の宮廷絵画―描く天皇、皇族と画壇…門脇むつみ(はじめに―文化力高い天皇のもとに花開いた絵画世界/天皇、皇族による絵画の概要―画題、作画機会、様式、美意識/天皇、皇族の絵画学習と作画―照山元瑶を中心に/天皇との関わりで描く僧/宮廷に関わる職業画家の枠組/宮廷の美意識と職業画家の様式)

このページのトップへ

内容説明

江戸前期、天皇は独自の美意識で絵師を選び、美術に関与していた。狩野探幽や俵屋宗達が宮廷に好まれたのはなぜか。宗達に始まる琳派の展開や、自ら絵筆をとる天皇・皇族の姿など、雅やかな17世紀京都画壇の実像を探る。

このページのトップへ

関連書籍

古代国家と仏教美術

古代国家と仏教美術 1

古代仏教美術史にみる権力の継承を描く

 
京狩野三代 生き残りの物語

京狩野三代 生き残りの物語

京狩野家の作品と生き残り戦略の実態を描く

著者:五十嵐 公一
 
 
戦国時代狩野派の研究 新装版

戦国時代狩野派の研究 新装版

初期形成過程を解明した名著、待望の復刊

著者:辻 惟雄
 
狩野派絵画史

狩野派絵画史

日本絵画史に輝く、狩野派の全貌を描く!

著者:武田 恒夫
 
 
狩野派障屏画の研究

狩野派障屏画の研究

和様形式に、漢画をいかに適応させたのか。

著者:武田 恒夫
 
日本美術史要説 増補新版

日本美術史要説 増補新版

日本美術全般を平易に解説した入門書

著者:久野 健
持丸 一夫
 
 
朝廷権威の復興と京都画壇

朝廷権威の復興と京都画壇 5

京都画壇のヒエラルキーの実態に迫る!

 
乱世の王権と美術戦略

乱世の王権と美術戦略 3

天皇と天下人、和と漢。相克という美の磁力

著者:髙岸 輝
黒田 智
 
 
治天のまなざし、王朝美の再構築

治天のまなざし、王朝美の再構築 2

天皇・院・武士…。交錯する“視線”と美術

 
近代皇室イメージの創出

近代皇室イメージの創出 6

近代における天皇のありようを問い直す

 
 

このページのトップへ