安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 土木技術の古代史

土木技術の古代史 453 新刊

土木技術の古代史

日本各地の古墳や仏教寺院・宮殿建築の伝統的工法を、発掘成果とともに紹介。古代の先端技術から、人々が目指した社会を照射する。

著者 青木 敬
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2017/09/15
ISBN 9784642058537
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

土木技術と歴史―プロローグ/列島を二分した技術―古墳時代前期(弥生墳丘墓から古墳へ/東日本的工法/西日本的工法/低地に古墳をつくる)/脆弱だった東西の融合―古墳時代中期(巨大化する前方後円墳 /土嚢・土塊積み技術の出現/東日本における西日本的工法の導入)/古墳の転換点―古墳時代後期(土嚢・土塊積み技術の展開/高大化する墳丘―大陸・半島の影響)/仏教寺院と土木技術―飛鳥時代(版築の出現/飛鳥寺の建立と百済/大陸からやってきた版築技術―華北の影響/もうひとつの基壇構築技術―新羅の影響/築堤と道路敷設―敷粗朶・敷葉工法の導入/建物造営体制を復元する―掘立柱建物の柱掘方)/寺院・宮殿建築の変容―奈良時代(掘込地業が意味するもの/東大寺法華堂を掘る/薬師寺東塔を掘る/土木技術の変容―合理化の時代へ)/土木技術からみた日本古代史―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

古代から、土木技術は社会発展の礎となってきた。日本各地の古墳や名だたる仏教寺院・宮殿建築を生み出してきた伝統的工法を、豊富な遺構の発掘成果とともに紹介し、中国・朝鮮半島の事例に大陸からの影響をたどる。政治的支配や外交、信仰と土木とのかかわりを手がかりに、人々がどのような社会を目指したのかを、古代の先端技術から照射する。

このページのトップへ

関連書籍

日本住居史

日本住居史

弥生人の集落から「2DK」の現代まで

 
江戸の開府と土木技術

江戸の開府と土木技術

考古学の視点で都市の構造とその技術に迫る

著者:江戸遺跡研究会
 
 
古建築を復元する

古建築を復元する 444

知られざる復元の裏側をのぞき、魅力に迫る

著者:海野 聡
 
古建築修復に生きる

古建築修復に生きる 186

文化財修復に携わる屋根葺職人が語る

著者:原田 多加司
 
 
古代住居のはなし

古代住居のはなし

大地に刻まれた古代人の住まいと暮らし再現

著者:石野 博信
 
古代を考える 古代寺院

古代を考える 古代寺院

古代の知的冒険の旅へと読者を誘う

著者:狩野 久
 
 
奈良時代建築の造営体制と維持管理

奈良時代建築の造営体制と維持管理

維持管理という新概念を導入し建築史を再考

著者:海野 聡
 
日本古代の寺院・官衙造営

日本古代の寺院・官衙造営

長屋王時代の地方政策を考古学から追究する

著者:須田 勉
 
 
古墳

古墳 319

なぜここまで巨大なのか。築造の背景に迫る

著者:土生田 純之
 
終末期古墳と横口式石槨

終末期古墳と横口式石槨

仏教文化と古墳終焉から探る古代国家の成立

著者:山本 彰
 
 
巨大古墳と古代国家

巨大古墳と古代国家

古墳はいつ、どこで、どのように発生したか

著者:丸山 竜平
 
事典 墓の考古学

事典 墓の考古学

考古学的知見と発掘成果で、墓の歴史に迫る

著者:土生田 純之
 
 

このページのトップへ