安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代地方寺院の造営と景観

古代地方寺院の造営と景観  新刊

古代地方寺院の造営と景観

造営場所に選ばれた立地(景観)に着目し、伊勢・上総・筑前など各地の事例を詳細に検証。地方社会のなかでの寺院の多様性を探る。

著者 梶原 義実
ジャンル 日本歴史 > 古代史
宗教史 > 仏教
出版年月日 2017/10/25
ISBN 9784642046381
判型・ページ数 B5・232ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき/序章 研究史および本書での指針/近江地域における寺院選地(滋賀郡/栗太郡・甲賀郡/益須郡・蒲生郡/神崎郡・愛知郡・犬上郡/坂田郡・浅井郡・伊香郡/高島郡/近江地域における古代寺院の選地傾向)/伊勢地域における寺院選地(北勢地域(桑名郡・員弁郡・朝明郡・三重郡)/中勢地域(河曲郡・鈴鹿郡・奄芸郡・安濃郡)/南勢地域(一志郡・飯高郡・飯野郡・多気郡)/伊勢地域における古代寺院の選地傾向〈北勢・中勢地域/南勢地域〉)以下細目略/尾張地域における寺院選地/下総・上総地域における寺院選地/播磨地域における寺院選地/備前・備中地域における寺院選地/讃岐地域における寺院選地/豊前・筑前地域における寺院選地/終章 古代寺院の選地傾向についての考察

このページのトップへ

内容説明

6世紀末の飛鳥寺の造営以降、全国各地には数多くの寺院が建立された。大きな労力を伴う寺院造営が、なぜこれほどまでに流行したのか。造営場所に選ばれた立地(景観)に着目し、近江・伊勢をはじめ、東は上総・下総、西は豊前・筑前までの多くの事例を詳細に検証。祖先信仰や開発拠点、水源祭祀など、地方社会のなかにおける寺院の多様性を探る。

このページのトップへ

関連書籍

古代を考える 古代寺院

古代を考える 古代寺院

古代の知的冒険の旅へと読者を誘う

著者:狩野 久
 
日本古代の寺院・官衙造営

日本古代の寺院・官衙造営

長屋王時代の地方政策を考古学から追究する

著者:須田 勉
 
 
奈良時代建築の造営体制と維持管理

奈良時代建築の造営体制と維持管理

維持管理という新概念を導入し建築史を再考

著者:海野 聡
 
古代都城の造営と都市計画

古代都城の造営と都市計画

平城京の基幹水路網を復元し宅地班給を分析

著者:近江 俊秀
 
 
日本古代の国家と造営事業

日本古代の国家と造営事業

宮都造営や、技術労働の実態を検証する

著者:十川 陽一
 
 

このページのトップへ