安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世日本政治史と朝廷

近世日本政治史と朝廷

近世日本政治史と朝廷

戦国期に衰退した朝廷は、いかにして近世を迎えたのか。院(上皇)をめぐる諸問題、朝幕体制が解体してゆく契機などを追究する。

著者 山口 和夫
ジャンル 日本歴史 > 近世史
出版年月日 2017/10/27
ISBN 9784642034807
判型・ページ数 A5・436ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 近世日本政治史と天皇・院・朝廷―研究史と主題/公儀権力成立と朝廷の近世化(統一政権成立と朝廷の近世化/近世初期武家官位の展開と特質/将軍権力と大名の元服・改名・官位叙任―上杉定勝・蜂須賀忠英・池田光政について/徳川秀忠・家光発給の官途状・一字書出について/寛永期のキリシタン禁制と朝廷・幕府)/近世朝廷の成長と変容(生前譲位と近世院参衆の形成/天皇・院と公家集団―編成の進展と近世朝廷の自律化、階層制について/霊元院政について/近世の朝廷・幕府体制と天皇・院・摂家)/家職の体制と近世朝廷解体への契機(近世の家職/石清水八幡宮放生会の宣命使について/職人受領の近世的展開/神仏習合と近世天皇の祭祀―神事・仏事・即位灌頂・大嘗祭/朝廷と公家社会)/終章 天皇・院・朝廷の近世的展開と豊臣政権、江戸幕府

このページのトップへ

内容説明

古代以来、近世・幕末維新期を経て今なお存続する天皇。戦国期に政治的・経済的に衰退した朝廷という集団は、どのようにして近世を迎えたのか。復活した院(上皇)をめぐる諸問題、幕府の経済支援・政治関与のもとにあった朝幕体制が解体してゆく契機などを、時代をおって追究。天皇・朝廷の存在と機能に視点をあて、近世日本の政治史を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

近世の摂家と朝幕関係

近世の摂家と朝幕関係

摂家の分析から朝幕協調体制の変容を追究

著者:長坂 良宏
 
近世朝廷社会と地下官人

近世朝廷社会と地下官人

組織や構造的展開など地下官人の実態に迫る

著者:西村 慎太郎
 
 
近世前期朝幕関係の研究

近世前期朝幕関係の研究

幕府の対朝廷政策から朝幕関係の実態を究明

著者:田中 暁龍
 
近世の朝廷と女官制度

近世の朝廷と女官制度

未解明だった禁裏御所の「奥」の全貌を解明

著者:高橋 博
 
 
近世の朝廷と宗教

近世の朝廷と宗教

天皇・朝廷の機能を幕藩制国家に位置づける

著者:高埜 利彦
 
朝廷をとりまく人びと

朝廷をとりまく人びと 8

摂家の家司、朝廷の旗本…。多様な身分描く

著者:高埜 利彦
 
 
朝廷権威の復興と京都画壇

朝廷権威の復興と京都画壇 5

京都画壇のヒエラルキーの実態に迫る!

 
 

このページのトップへ