安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 平家政権と荘園制

平家政権と荘園制  これから出る本

平家政権と荘園制

平家領の形成過程や領有構造、軍役・一国平均役の徴収方式を精緻に分析。平家政権の方針が鎌倉期にも継承されたことを論じる。

著者 前田 英之
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2017/10/20
ISBN 9784642029391
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 未刊・予約受付中
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 平家論・中世前期荘園制論の視角/平家領の政治史的研究(平家領の領有構造と治承三年政変〈平家領の形成過程―伊賀国鞆田荘を事例に/平家領の領有構造/平家領問題と治承三年政変〉/平家政権の成立と宇佐宮領〈十二世紀後半の宇佐宮と平家/宇佐宮領常見名の不輸化と平家政権/宇佐宮領をめぐる治承・寿永内乱の展開〉/平重盛と朝廷儀礼〈平重盛の昇進と課題/平重盛と公事用途/平重盛による儀礼執行〉以下細目略)/荘園制の展開と平家政権(平家政権と国家的収取体制―一国平均役「本所沙汰」弁済の成立/治承・寿永内乱期の戦時体制と平宗盛/鎌倉前・中期における一国平均役徴収方式/鎌倉期造宇佐宮役の研究)/終章 平家政権の歴史的位置

このページのトップへ

内容説明

中世社会における平家の存在とはいかなるものだったのか。荘園制が中世的土地所有制度として定着するプロセスと平家政権との関わりに着目し、鞆(とも)田(だの)荘(しょう)ほか平家領の形成・領有と政治過程との連動や、軍役・一国平均役の徴収方式を精緻に分析する。さらに、平家政権の方針が、鎌倉期にも受け継がれたことを論じ、その歴史的役割をとらえ直す注目の書。

このページのトップへ

関連書籍

荘園

荘園 57

全史を大胆かつ平易に描いた荘園史の決定版

著者:永原 慶二
 
 
中世荘園と検注

中世荘園と検注

中世世界を斬新な視角から挑む書下ろし力作

著者:富澤 清人
 
 
日本荘園史大辞典

日本荘園史大辞典

荘園のすべてを一冊に集大成

著者:瀬野 精一郎
 
荘園入門

荘園入門 1

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
荘園の解体

荘園の解体 4

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
近畿地方の荘園 Ⅱ

近畿地方の荘園 Ⅱ 7

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
荘園の商業

荘園の商業 10

農民と領主層の経済生活のメカニズムを究明

著者:佐々木 銀弥
 
北陸地方の荘園・近畿地方の荘園 Ⅰ

北陸地方の荘園・近畿地方の荘園 Ⅰ 6

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
近畿地方の荘園 Ⅲ

近畿地方の荘園 Ⅲ 8

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
中国地方の荘園

中国地方の荘園 9

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
東北・関東・東海地方の荘園

東北・関東・東海地方の荘園 5

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 

このページのトップへ