安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 現代語訳 小右記 5

現代語訳 小右記 5  新刊

紫式部との交流

現代語訳 小右記 5

娍子立后をめぐり対立する三条天皇と道長。道長と彰子の確執も表面化し、実資は彰子と接触。その間の取り次ぎ役が、紫式部だった。

著者 倉本 一宏
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 現代語訳 小右記
出版年月日 2017/10/11
ISBN 9784642018203
判型・ページ数 4-6・312ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

娍子立后をめぐって対立する三条天皇と道長。実資は「天に二日無し」といって立后の儀を主宰する。道長と彰子の確執も表面化し、実資は彰子と頻繁に接触する。その間の取り次ぎ役を担ったのが、かの紫式部であった。

このページのトップへ

関連書籍

現代語訳 小右記 4

現代語訳 小右記 4

一条天皇崩御。実資と道長に新時代が訪れる

著者:倉本 一宏
 
現代語訳 小右記 3

現代語訳 小右記 3

伊周は左遷。実資は天皇と道長の動きを記録

著者:倉本 一宏
 
 
現代語訳 小右記 2

現代語訳 小右記 2

実資は公卿に上る。政権の座は道長の手へ

著者:倉本 一宏
 
現代語訳 小右記 1

現代語訳 小右記 1

藤原実資が綴った日記。平安宮廷社会が甦る

著者:倉本 一宏
 
 

このページのトップへ