安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 江戸の出版統制

江戸の出版統制 456 新刊

弾圧に翻弄された戯作者たち

江戸の出版統制

取り締まりの対象となった山東京伝の作品など戯作の文学的魅力と処罰の理由を探る。形を変え現代に続く出版統制をめぐる攻防の歴史。

著者 佐藤 至子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2017/10/18
ISBN 9784642058568
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

近世という窓から現代を考える―プロローグ/寛政の改革と黄表紙(寛政の改革と出版統制/絶版になった黄表紙/修正された『文武二道万石通』)/山東京伝と筆禍(寛政三年の洒落本筆禍事件/筆禍まで/筆禍の後)/文化期の出版統制(十九世紀の江戸戯作/文化元年の出版統制/文化四、五年の表現規制)/天保の改革と人情本・合巻(天保の改革と出版業界/人情本の絶版/合巻の取り締まり)/戯作の生命力―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

江戸時代後期、多くの読者を魅了した娯楽小説の戯作(げさく)は、たびたび取り締まりの対象となった。権力側は何を問題視し、作者や版元はいかに受け止め対処したのか。山東京伝の作品をはじめとする戯作の文学的魅力と処罰の理由を探り、自己検閲、自主規制で作品の命脈を保とうとした作者たちの姿を描く。形を変え現代に続く出版統制をめぐる攻防の歴史。

このページのトップへ

関連書籍

浮世絵出版論

浮世絵出版論

制作の舞台裏から商品としての実態に迫る

著者:大久保 純一
 
近世の在村文化と書物出版

近世の在村文化と書物出版

豪農商文人の書物から文化の成熟をみる

著者:杉 仁
 
 
江戸の武家名鑑

江戸の武家名鑑 257

大名・旗本が一覧できる「武鑑」の魅力とは

著者:藤實 久美子
 
江戸の地図屋さん

江戸の地図屋さん 168

ロングセラー江戸図に込められた創意と工夫

著者:俵 元昭
 
 
山東京伝

山東京伝

戯作と浮世絵の大家、典型的”通人”

著者:小池 藤五郎
 
柳亭種彦

柳亭種彦

『田舎源氏』を著した旗本戯作者の伝

著者:伊狩 章
 
 

このページのトップへ