安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本文化史講義

日本文化史講義  これから出る本

日本文化史講義

神話の時代から現代に至る思想・宗教・文学・芸能など幅広い事象を講義形式で解説。その複雑な性格と、豊かな内容を明らかにする。

著者 大隅 和雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2017/10/25
ISBN 9784642083263
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 未刊・予約受付中
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ 日本の文化と思想(まえがき/日本文化の見方/神々の祭りと日本神話/仏教の伝来と受容/律令制度と官人の学問/かな文字の成立と国文学/仏教の日本化と庶民への浸透/公家と武家の文化/芸能の成熟/儒教とその日本化/国学と洋学/町人文化とその思想/知識人と西欧の思想に/日本中心の思想/近代日本の諸宗教/国際社会における日本文化)/Ⅱ 文化史の時代区分(時代精神と文化史/文化の諸分野とその歴史/部門史を総合する試み/文化史の課題について)/Ⅲ 史料としての文学作品(歴史研究と文学作品/「文学作品」について/史料としてのあり方/文学作品としての読み/二一世紀の歴史叙述と文学作品)

このページのトップへ

内容説明

日本文化は、独特の自然環境によって形成された基層文化の上に、大陸より漢字・仏教・儒教などを受容し、さらにヨーロッパ文化が伝来することで重層的で複雑な構造を持つことになった。神話の時代から現代に至る思想・宗教・文学・芸能など幅広い事象を講義形式で解説。文化史の時代区分に一石を投じ、今後の歴史研究のあり方に問題を提起する。

このページのトップへ

関連書籍

日本人の生活文化

日本人の生活文化

年中行事や人生儀礼の本来の姿を解き明かす

著者:菅原 正子
 
日本文化のあけぼの

日本文化のあけぼの 20

日本文化の歴史的理解に資する好著

著者:八幡 一郎
 
 
モノから見たアイヌ文化史

モノから見たアイヌ文化史

「モノ資料」が語る蝦夷地の歴史!

著者:関根 達人
 
日本庭園の歴史と文化

日本庭園の歴史と文化

人と自然が作り上げた庭園文化の魅力に迫る

著者:小野 健吉
 
 
キリシタンの文化

キリシタンの文化 67

徳川幕府の迫害下に生き続けた文化を探る

著者:五野井 隆史
 
日本の食文化史年表

日本の食文化史年表

日本人の“食”のすべてがわかる楽しい年表

 
 

このページのトップへ