安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 倭国誕生

倭国誕生 1

倭国誕生

旧石器・縄文時代から初期ヤマト政権誕生までの時代を、考古学の最新の成果にもとづき描く。

著者 白石 太一郎
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 古代
出版年月日 2002/06/01
ISBN 9784642008013
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

倭国誕生………白石太一郎
はじめに/日本列島史の黎明/弥生文化の成立と展開/倭国の誕生/倭国の変容-初期ヤマト政権の成立-/おわりに-倭国の国家形成の特質-
(個別テーマ)
Ⅰ=日本の旧石器文化………佐川正敏
Ⅱ=縄文文化論………泉 拓良
Ⅲ=農業の始まりと地域文化の形成………設楽博己
Ⅳ=考古学からみた漢と倭………岡村秀典
Ⅴ日本列島の環境史………辻 誠一郎
Ⅵ=倭人の形成………中橋孝博

このページのトップへ

内容説明

倭国=邪馬台国連合はどのように誕生したのか。日本歴史の原点である旧石器時代から初期ヤマト政権誕生までを、自然環境、中国・朝鮮半島との関係の問題も含め、考古学の最新の成果によりダイナミックに描く。倭人はどのように形成されたのか、縄文・弥生文化の実像はどうか、等々、日本文化の形成とその特質を知るための重要な諸問題を考える。

このページのトップへ

関連書籍

邪馬台国の滅亡

邪馬台国の滅亡 294

『記紀』から解き明かす新しい邪馬台国史!

著者:若井 敏明
 
倭国を掘る

倭国を掘る

国際色豊かな倭国の実像を再現。

著者:小田 富士雄
 
 

このページのトップへ