安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 平安京

平安京 5

平安京

最後の古代都城〈平安京〉。律令国家の最盛期から終末へ、180年に亙り変容する列島の古代を解明。

著者 吉川 真司
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 古代
出版年月日 2002/10/01
ISBN 9784642008051
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

平安京……………………………………吉川真司
(個別テーマ)
受領の誕生…………………………佐藤泰弘
院宮王臣家…………………………吉川真司
古代末期の考古学…………………菱田哲郎
平安新仏教…………………………上島 享
唐風文化」と「国風文化」…西村さとみ

このページのトップへ

内容説明

最後の古代都城〈平安京〉の時代。東アジア世界との接触のなか、律令国家の最盛期から終末へ、一八〇年にわたって変容する列島の古代を解明する。また、近年の発展著しい考古学成果をもとに、古代末期の社会を具体的に描き出し、激変する地域社会の姿や平安仏教の特質、和歌・絵画などにあらわれた日本・唐への意識や国風文化の問題にも迫る。

このページのトップへ

関連書籍

平安京はいらなかった

平安京はいらなかった 438

使いにくい平安京は、何のためにある?

著者:桃崎 有一郎
 
平安京と中世仏教

平安京と中世仏教

仏教史の観点から平安京の歴史を捉え直す

著者:上川 通夫
 
 
平安時代の死刑

平安時代の死刑 397

1000年の時を超え現代の死刑制度を問う

著者:戸川 点
 
紫式部と平安の都

紫式部と平安の都

京都に探る『源氏物語』の舞台を描く

著者:倉本 一宏
 
 
平安京の時代

平安京の時代 4

古代日本が成熟・変質した九世紀を描き出す

著者:佐々木 恵介
 
桓武天皇と平安京

桓武天皇と平安京

〝千年の都〟の礎を築いた帝の足跡を訪ねる

著者:井上 満郎
 
 
平安京の災害史

平安京の災害史 345

古都の災害史から学ぶ、都市再生への道

著者:北村 優季
 
都はなぜ移るのか

都はなぜ移るのか 333

動く都から動かない都へ…。その転換に迫る

著者:仁藤 敦史
 
 
史跡で読む日本の歴史 5

史跡で読む日本の歴史 5

日本の風土独特の文化が花開いた時代に迫る

著者:増渕 徹
 
研究史 平安京

研究史 平安京

平安京がいかに考えられ研究されてきたのか

著者:井上 満郎
 
 
桓武天皇

桓武天皇

平安時代を開き清新な政治行った延暦聖主伝

著者:村尾 次郎
 
 

このページのトップへ