安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 院政の展開と内乱

院政の展開と内乱 7

院政の展開と内乱

王権の分裂のなか幕を上げた院政期は、やがて巨大な内乱を引き起こす。中世への転換期を描く。

著者 元木 泰雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 中世
出版年月日 2002/12/01
ISBN 9784642008075
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

院政の展開と内乱………………………元木泰雄
(個別テーマ)
豪族的武士団の成立………………野口 実
武具の中世化と武士の成立………近藤好和
中世荘園の立荘と王家・摂関家…高橋一樹
京・白河・鳥羽―院政期の都市―…美川 圭
顕密仏教と浄土の世界……………山岸常人

このページのトップへ

内容説明

王権の分裂と地域社会の変動のなか、新たな時代が胎動し始める。上皇と女院・摂関家、源氏と平氏、さまざまな人びとが権力をめぐって抗争を繰り返し、平氏政権が新王朝創出を目指して台頭する。だが、伊豆の流人・源頼朝の挙兵は日本史上かつてない規模の内乱を引き起こしていった。政治・社会・文化など多彩な面から、中世への一大転換期を描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

源 頼義

源 頼義 289

義家・頼朝へと続く河内源氏二代目の実像!

著者:元木 泰雄
 
治天のまなざし、王朝美の再構築

治天のまなざし、王朝美の再構築 2

天皇・院・武士…。交錯する“視線”と美術

 
 
中世王家の成立と院政

中世王家の成立と院政

院政の基盤となった「家」の形態に迫る

著者:栗山圭子
 
藤原頼長

藤原頼長

悪左府―保元乱の元凶? 人間頼長の初伝

著者:橋本 義彦
 
 
変貌する清盛

変貌する清盛 315

悪人としての清盛像の創出と変遷を描き出す

著者:樋口 大祐
 
源平の内乱と公武政権

源平の内乱と公武政権 3

後白河院から執権政治へ、変革の時代を描く

著者:川合 康
 
 
院政と武士の登場

院政と武士の登場 2

院政の展開と武士の成長が織りなす世界

著者:福島 正樹
 
保元の乱・平治の乱

保元の乱・平治の乱

「武者の世」を誕生させた事件の真相に迫る

著者:河内 祥輔
 
 

このページのトップへ