安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > モンゴルの襲来

モンゴルの襲来 9

モンゴルの襲来

モンゴルの襲来で、社会はいかに変容したのか。文永・弘安の役を世界史的視野から見直す。

著者 近藤 成一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 中世
出版年月日 2003/02/01
ISBN 9784642008099
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

モンゴルの襲来……………近藤成一
(個別テーマ)
モンゴル時代のアフロ・ユーラシアと日本……………杉山正明
鎌倉時代の歌壇と文芸……………田渕句美子
中世人の生活と信仰……………藤原良章
中世の荘園と村落……………高橋敏子
鎌倉時代の社会と領主制……………近藤成一

このページのトップへ

内容説明

ユーラシア大陸を席巻したモンゴル帝国の矛先は、ついに日本におよんだ。文永・弘安の役を世界史的な視野から見直しながら、新しい鎌倉時代像を描き出す。モンゴルの襲来に日本はいかに対応し、それによってどのように変わっていったのか。学芸の動向や民衆の生活と信仰、村や荘園の実態など、視野を広くとり、変容しつつある時代相を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

鎌倉将軍・執権・連署列伝

鎌倉将軍・執権・連署列伝

人でよむ鎌倉武家政権の歴史。35人収録

 
北条時頼

北条時頼 274

鎌倉中期の執権、仏教者の実像に迫る!

著者:高橋 慎一朗
 
 
蒙古合戦と鎌倉幕府の滅亡

蒙古合戦と鎌倉幕府の滅亡 3

北条氏の栄光と挫折を東国社会から読み解く

著者:湯浅 治久
 
鎌倉幕府の滅亡

鎌倉幕府の滅亡 316

定説にメスを入れ、幕府滅亡の真実に迫る

著者:細川 重男
 
 
元寇と南北朝の動乱

元寇と南北朝の動乱 4

モンゴル襲来に始まる動乱の時代を描き出す

著者:小林 一岳
 
北条時宗

北条時宗 230

蒙古襲来の時代を生きた第八代鎌倉幕府執権

著者:川添 昭二
 
 

このページのトップへ