安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦国の地域国家

戦国の地域国家 12

戦国の地域国家

関東の北条氏、中国の毛利氏など地域国家の成立、物資の運搬等、群雄と民衆の躍動する時代を解明。

著者 有光 友學
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 中世
出版年月日 2003/05/01
ISBN 9784642008129
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

群雄の台頭と戦国大名―東国を舞台として―…有光友學
統合へ向かう西国地域…岸田裕之
(個別テーマ)
地域国家のしくみ…有光友學
伝馬と水運―戦国時代の流通の発達―…阿部浩一
戦乱の中の情報伝達…酒井紀美
戦いを支えた技術―炮術師と鉄炮鍛冶の活動―…宇田川武久
寺内町と城下町―戦国時代の都市の発展―…仁木 宏
戦禍・災害と人々の生活…矢田俊文

このページのトップへ

内容説明

押し寄せる国際社会の波の中で、戦国大名が全国各地で覇権を争った動乱の時代。関東の北条氏、中国の毛利氏、九州の島津氏といった広域の地域国家の成立、軍事行動を支えた物資の確保や運搬、交差する謀略やうわさ、相次ぐ戦乱や自然災害の実情と民衆の知恵など、戦国社会の諸相を多角的に追究。群雄と民衆の躍動する時代を明らかにする。

このページのトップへ

関連書籍

足利義政と東山文化

足利義政と東山文化

応仁の乱を招き、文化を育てた将軍の生涯

著者:河合 正治
 
謙信と信玄

謙信と信玄

越後の龍、甲斐の虎。両雄の実像に迫る名著

著者:井上 鋭夫
 
 
戦国期の地域社会と権力

戦国期の地域社会と権力

土豪などの中間層に注目して描く戦国期社会

著者:池 享
 
戦国大名と一揆

戦国大名と一揆 6

戦国社会から信長・秀吉の天下統一へ

著者:池 享
 
 
畿内・近国の戦国合戦

畿内・近国の戦国合戦 11

細川・畠山・三好・松永。都の戦国時代描く

著者:福島 克彦
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
 

このページのトップへ