安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 江戸幕府と東アジア

江戸幕府と東アジア 14

江戸幕府と東アジア

徳川三代が築いた、泰平の世を支えた基盤とは。グローバルな視点から幕藩体制誕生に迫る!

著者 荒野 泰典
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 近世
出版年月日 2003/08/01
ISBN 9784642008143
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

江戸幕府と東アジア………荒野泰典/近世武家政治社会形成期における儀礼………小宮木代良/東アジアにおける江戸の都市空間………玉井哲雄/近世農村の姿 ―村と神社―………吉田ゆり子/原城発掘………服部英雄/異国窓口の機能と景観―平戸・出島・唐人屋敷・釜山倭館―(①平戸オランダ商館………行武和博/②長崎出島と唐人屋敷………松井洋子/③釜山倭館………鶴田 啓)

このページのトップへ

内容説明

ヨーロッパ諸国のシナ海域への登場や明清交代という激動する東アジア情勢の中、日本は関ヶ原の戦から元和偃武を経て、徳川政権による新時代を迎えようとしていた。「首都」を江戸に構え、法度を軸に社会を再編し、海外貿易を統制するなど、二六〇年の泰平の世を支えた基盤はいかにして築かれたのか。グローバルな新視点から幕藩体制の誕生に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

島原の乱とキリシタン

島原の乱とキリシタン 14

潜伏キリシタンと百姓はなぜ蜂起し敗れたか

著者:五野井 隆史
 
地球的世界の成立

地球的世界の成立 5

独自の小帝国を形成する16~17世紀日本

 
 
将軍権力の確立

将軍権力の確立 2

幕府の基本構造が創られた家光~家綱期

著者:杣田 善雄
 
天下統一から鎖国へ

天下統一から鎖国へ 7

天下人登場! 信長から秀吉、そして家康へ

著者:堀 新
 
 
江戸幕府大事典

江戸幕府大事典

265年にわたる徳川幕府のすべてがわかる

著者:大石 学
 
幕藩制国家と東アジア世界

幕藩制国家と東アジア世界

江戸幕府の外交政策とは。寄港地長崎に注目

著者:木村 直樹
 
 
寛永時代

寛永時代 39

これまでの寛永時代のイメージを一新

著者:山本 博文
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
 

このページのトップへ