安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 蝦夷島と北方世界

蝦夷島と北方世界 19

蝦夷島と北方世界

列島北部の世界で固有の文化を育んだアイヌは、いかなる歴史を辿ってきたのか。交易の実態を探り、現代日本の課題を提示

著者 菊池 勇夫
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 地域編
出版年月日 2003/12/01
ISBN 9784642008198
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

蝦夷島と北方世界…菊池勇夫
北方社会の物質文化―鉄からみた北海道島の歴史―…越田賢一郎
北東アジアから見たアイヌ…榎森 進
アイヌ女性の生活…児島恭子
アイヌの「自分稼」…谷本晃久
蝦夷島の開発と環境…菊池勇夫
日露関係のなかのアイヌ…川上 淳

このページのトップへ

内容説明

列島北部の世界では、固有の文化が育まれてきた。今日まで伝えられる個性あふれたアイヌ文化は、いかなる歴史を辿ってきたのか。北東アジアからみたエゾの社会や交易の実態を探り、近代の北海道開発や国境問題、アイヌ民族の「国民」化から、現代日本への課題を提示する。日本国、日本人という括りを問い直した、新たな日本列島史が浮かび上る。

このページのトップへ

関連書籍

モノから見たアイヌ文化史

モノから見たアイヌ文化史

「モノ資料」が語る蝦夷地の歴史!

著者:関根 達人
 
北の軍隊と軍都

北の軍隊と軍都 1

北の護りの役割と実態を描き出す

著者:山本 和重
 
 
中近世の蝦夷地と北方交易

中近世の蝦夷地と北方交易

アイヌと和人に光を当て「蝦夷地史」を提唱

著者:関根 達人
 
古代蝦夷

古代蝦夷

実像に迫り、北日本古代史を解明した名著

著者:工藤 雅樹
 
 
古代蝦夷を考える

古代蝦夷を考える

なぜエミシ・エゾでなくエビスと呼ぶのか?

著者:高橋 富雄
 
史跡で読む日本の歴史 8

史跡で読む日本の歴史 8

琉球王国やアイヌなど、アジアとの交流

著者:服部 英雄
 
 
古代東北史の人々

古代東北史の人々

北辺の地に生き、歴史を創り出した人間群像

著者:新野 直吉
 
エミシ・エゾからアイヌへ

エミシ・エゾからアイヌへ 273

古代~現代までアイヌはどうみられてきたか

著者:児島 恭子
 
 

このページのトップへ