安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 開国と幕末の動乱

開国と幕末の動乱 20

開国と幕末の動乱

ペリー艦隊の来航にはじまり、近代日本の原型が形成される動乱の時代。日本が模索し構築を始めた近代を描く

著者 井上 勲
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 近代
出版年月日 2004/01/01
ISBN 9784642008204
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

開国と幕末の動乱………井上 勲/動乱の中の信仰………宮崎ふみ子/動乱の時代の文化表現………延廣眞治/「武威」の国―異文化認識と自国認識―………池内 敏/徳川の遺臣―その行動と倫理―………井上 勲/明治維新とアジアの変革………山室信一

このページのトップへ

内容説明

ペリー艦隊の来航に始まり王政復古の政変にいたる日々は、近代日本の原型が形成される動乱の時代であった。西欧の国際社会に組み込まれる過程のなかで、日本は近代への模索を始めた。幕末社会の信仰活動、文化表現、異文化と自国への認識、滅亡した時代への意味の探求、アジアの革命との思想の連環、さまざまな視点から描く、近代日本誕生の諸相。

このページのトップへ

関連書籍

開国と条約締結

開国と条約締結 70

“大号令”を再検証し幕末の対外政策を解明

著者:麓 慎一
 
徳川慶喜

徳川慶喜 277

江戸幕府最後の将軍。複雑な性格と行動描く

著者:家近 良樹
 
 
勝海舟と江戸東京

勝海舟と江戸東京

江戸を戦火から救った男の足跡を訪ねる

著者:樋口 雄彦
 
和親条約と日蘭関係

和親条約と日蘭関係

和親条約成立の過程を日蘭関係に着目し追究

著者:西澤 美穂子
 
 
幕長戦争

幕長戦争 69

幕府軍を破った長州藩の勝因を総合的に解明

著者:三宅 紹宣
 
開国前夜の世界

開国前夜の世界 5

一艘の英国船の漂着から始まる〈開国〉の道

著者:横山 伊徳
 
 
明治維新

明治維新 6

黒船来航から西南戦争まで、新視点で描く

著者:青山 忠正
 
小松帯刀

小松帯刀 269

幕末の薩摩藩家老の奮闘の生涯を描き出す

著者:高村 直助
 
 
幕末日本と対外戦争の危機

幕末日本と対外戦争の危機 289

欧米列強vs日本。迫り来る全面戦争の危機

著者:保谷 徹
 
 

このページのトップへ