安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 明治維新と文明開化

明治維新と文明開化 21

明治維新と文明開化

新政権の実態や、地租改正・廃藩置県・徴兵令、新政反対一揆や西南戦争など、変革期の動きと文明開化の時代を描く

著者 松尾 正人
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本の時代史 > 近代
出版年月日 2004/02/01
ISBN 9784642008211
判型・ページ数 A5・344ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

明治維新と文明開化………松尾正人/明治維新の光と影―草莽高松隊の明暗―………松尾正人/巡幸と祝祭日―明治初年の天皇と民衆―………牧原憲夫/岩倉使節団と信仰の自由………山崎渾子/文明開化の時代………中野目 徹/博覧会時代の開幕………國 雄行/士族反乱と西郷伝説………猪飼隆明

このページのトップへ

内容説明

明治維新によって、日本は近代国家へと変貌してゆく。天皇を頂点とする新政権の実態や、地租改正・廃藩置県・徴兵令、新政反対一揆や西南戦争など、変革期の政治・社会の動きを具体的に探る。また、巡幸にみる天皇の役割、欧米を視察した岩倉使節団の文明認識、相次いで行われた博覧会、お雇い外国人などから、文明開化の時代を生き生きと描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

維新と開化

維新と開化 1

新政府はいかに近代国家を目指したのか

著者:奥田 晴樹
 
徳川慶喜

徳川慶喜 277

江戸幕府最後の将軍。複雑な性格と行動描く

著者:家近 良樹
 
 
明治維新

明治維新 6

黒船来航から西南戦争まで、新視点で描く

著者:青山 忠正
 
箱館戦争と榎本武揚

箱館戦争と榎本武揚 17

明治を支えた旧幕臣たちの後日譚

著者:樋口 雄彦
 
 
博覧会と明治の日本

博覧会と明治の日本 298

文明国をめざした明治ニッポンの挑戦!

著者:國 雄行
 
明治外交官物語

明治外交官物語 280

黎明期の日本外交を切り拓いた人びとの奮闘

著者:犬塚 孝明
 
 
明治維新と国家形成

明治維新と国家形成

明治維新の様相を新視角に立ち究明

著者:青山 忠正
 
 

このページのトップへ