安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 自由民権と近代社会

自由民権と近代社会 22

自由民権と近代社会

幅広い地域や人びとを巻きんだ、近代史上最大の国民的運動=自由民権運動。伝統社会と近代化の間で揺れる民衆の姿を照射

著者 新井 勝紘
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 近現代史
シリーズ 日本の時代史 > 近代
出版年月日 2004/03/01
ISBN 9784642008228
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

自由民権と近代社会………新井勝紘/〈自由〉〈民権〉の語り、〈議会〉の呼びかけ………鶴巻孝雄/コレラ騒動論―その構造と論理―………杉山 弘/「四民平等」と差別………今西 一/メディアと自由民権―高知県の場合―………松岡僖一/困民党の論理と行動………稲田雅洋

このページのトップへ

内容説明

幅広い地域や人びとを一気に巻き込んで進展した自由民権運動。それは政治運動の枠に止まらない、近代史上最大の国民的運動となった。二千余の民権結社や政党の出現、メディアと民権との関係など、大きく展開した運動の姿と共に、伝統的民衆世界と近代世界の葛藤という面にも注目。新しい時代へのスタートを切った日本社会の多面的な様相を描く。

このページのトップへ

関連書籍

ふたつの憲法と日本人

ふたつの憲法と日本人 450

日本人にとっての“改憲”を問う必読の書!

著者:川口 暁弘
 
「主権国家」成立の内と外

「主権国家」成立の内と外 2

“近代国家”はいかに誕生したか?

著者:大日方 純夫
 
 
首相になれなかった男たち

首相になれなかった男たち

不運の物語から見えてくる総理大臣の条件

著者:村瀬 信一
 
自由民権運動の系譜

自由民権運動の系譜 281

立憲国家を追い求めた民権家の活動を描く

著者:稲田 雅洋
 
 

このページのトップへ